『ONE PIECE』第995話 赤鞘の侍、討ち入りシーンが凄かった…!「時代劇?」「神演出だ」ルフィのセリフも熱い

掲載/更新 0
『ONE PIECE』第995話 赤鞘の侍、討ち入りシーンが凄かった…!「時代劇?」「神演出だ」ルフィのセリフも熱い
アニメ『ONE PIECE』(ワンピース)第995話を振り返り! おでんの悲願を胸に赤鞘の侍たちがついに討ち入り。気迫あふれる演出が神がかっていたと話題をさらいました。
IMAGE
尾田栄一郎先生原作のTVアニメ『ONE PIECE』(ワンピース)。10月10日に放送された第995話は「討入り!受け継ぐおでんの意志」。

亡きおでんの想いを受け継ぎ、赤鞘の侍たちがいよいよ討ち入り! 他のシーンとは一線を画す迫力の演出が神がかっていると注目を浴びました。相変わらずの可愛さで魅了するヤマトの登場も必見です!

DVD『ONE PIECE 20thシーズン ワノ国編』piece.6 画像

DVD『ONE PIECE 20thシーズン ワノ国編』piece.6 より

またしても神演出!モノクロの討ち入りシーンが痺れる

第995話一番の見どころは何といっても赤鞘の侍たちの討ち入りシーン

主君のおでんを亡くし耐え難きを耐えた20年、熱い想いを胸に、ついに錦えもんたちはカイドウのもとへと乗り込みます。
憎きカイドウの根城を駆け抜けていく彼らの気迫は、カイドウにおでんの幻影を見せたほど。

作画の美しさはもちろん、モノクロトーンでのさながら時代劇のような演出など、この特別なシーンを盛り上げるに相応しい描写の連続が視聴者を圧倒しました。
SNSでも、「神演出きた!」「演出凄すぎて息が止まった……」「疾走感と迫力がヤバい。ゾクゾクする」「原作でも痺れたところだったけど、声と演出が入るとよりグッとくる……!」「大きな画面で観たいと思うくらい討ち入りが“映画”だった……」「かっこよすぎて涙出る」「尾田先生が好きな時代劇を再現してるみたい」など多くの感想が挙げられており、一連のシーンが視聴者の心に畳み掛けたことが伺えます。

おでんと赤鞘たちが重なるように描かれるなど、かっこいいのみならずエモーショナルな表現もまたたまらない、見応えたっぷりな場面でした。
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません