神回再び…!『ダイの大冒険』第30話感想 ポップ屈指の名シーンに涙が止まらない。豊永利行の演技も凄かった

掲載/更新 0
神回再び…!『ダイの大冒険』第30話感想 ポップ屈指の名シーンに涙が止まらない。豊永利行の演技も凄かった
アニメ『ダイの大冒険』第30話「ポップの覚悟」を振り返り! ポップ屈指の名シーンと言われるあのシーンが放送された今回。涙が止まらないという声が続出しました。ほか見どころやポイントは?
IMAGE
アニメ『ダイの大冒険』第30話は「ポップの覚悟」。竜魔人と化したバランを前に、なす術もなく打ちのめされるポップたち。誰ひとり立ち上がれない中、ダイが城の外へ……ついにバランと出会ってしまいます。
紋章に導かれ、バランのもとへ行こうとするダイを抱きとめたのは、やはりポップでした。

まさにタイトル通り「ポップの覚悟」が光った30話。
涙なしでは観られない神回」だと号泣する人が続出だった今回、SNSの感想とともにふり返ります!

ポップの叫びに早くも涙腺が緩む…

ディーノを渡せと迫るバランに「テメェなんかに俺たちのダイを渡してたまるもんか!」と立ち塞がるポップ。

ダイへの思いを叫ぶポップの姿に「俺“たち”のダイって言うのが良いよなぁ」「この言葉にポップの想いが込められてる(涙)」「ずっと涙でっぱなし」と、この時点で視聴者の涙腺はユルユルに……。

そうして魔法力の残されていないポップが追い詰められながら「こんなとき、先生ならどう戦うんですか!?」と思い出した師匠の姿は、ハドラーから自分とダイを守った最期の瞬間でした。
18 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません