アニメ『ONE PIECE』ローのアニオリ演出に絶賛。鬼気迫るゾロも痺れた…!【1010話】

掲載/更新 0
アニメ『ONE PIECE』ローのアニオリ演出に絶賛。鬼気迫るゾロも痺れた…!【1010話】
アニメ『ONE PIECE』(ワンピース)第1010話の感想を振り返り! ロー、ゾロ、サンジの活躍シーンがそれぞれ注目を集めました。コラソンを想うローの心情に視聴者も感動。一方、オチを飾ったサンジは……?
IMAGE
尾田栄一郎先生原作のTVアニメ『ONE PIECE』(ワンピース)。2月13日に放送された第1010話は「氷鬼を破れ チョッパーの火策!」。

神回との声も見られた今回、ローゾロサンジと人気キャラ3人の活躍シーンが注目を浴びました。視聴者の感想とともに、見どころをお届けします。

DVD『ONE PIECE 20thシーズン ワノ国編』piece.6 画像

DVD『ONE PIECE 20thシーズン ワノ国編』piece.6 より

恩人を想うロー。グッとくる演出に「凄かった…」「泣きそう」

自身の名にも刻まれた“D”の意味を探すローは歴史の本文(ポーネグリフ)を前に、自分を守って死んでいった恩人、コラソンのことを想っていました。
そして決意を新たにするかのように、「なァコラさん」「おれはやっぱり この数奇な運命の意味を知りてェ」とつぶやくのでした。

ドレスローザ編で詳細に描かれた、ローの幼少期の回想シーンを交えたアニメオリジナルの演出が涙を誘いました。
画面に絵を映さず、優しくローに語りかけるコラソンの声からスタートした第1010話の冒頭シーンには、グッと惹き込まれた方も多かったのではないでしょうか。
SNSでは「ヒストリーオブローですか?」「今回のアニワンのオープニングほど見入った回はないと言っても過言ではない」「アニオリ演出すごい……」「表現の仕方に驚きすぎて巻き戻した笑」と感想が集まりました。

感動必至な場面の中で、クールな顔をしながら背中には大きなクマのイラストを背負っていたローも可愛らしかったですね。
20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません