『ONE PIECE』女同士の覚悟に反響「ナミ、よく言った」「痺れた…」名シーンのオマージュも胸熱だった【1008話】

掲載/更新 0
『ONE PIECE』女同士の覚悟に反響「ナミ、よく言った」「痺れた…」名シーンのオマージュも胸熱だった【1008話】
アニメ『ONE PIECE』(ワンピース)第1008話の感想を振り返り! 原作でも感動を呼んだナミの名台詞を声つきで聞くことができました! 名シーンが続々甦るアニメならではの演出、涙なしでは観られなかった……! ナミの「妖怪取り消せ女」発言にも注目が?
IMAGE
尾田栄一郎先生原作のTVアニメ『ONE PIECE』(ワンピース)。1月30日に放送された第1008話は「ナミ降伏!?うるティの猛頭突き」。

原作でも反響を呼んだナミの名シーンが、過去の名シーン回想などを加えたアニメならではの演出で描かれました。視聴者からは感動の声が続々届いているようです。ナミとうるティ、女子対決の行方は……!?

DVD『ONE PIECE 20thシーズン ワノ国編』piece.6 画像

DVD『ONE PIECE 20thシーズン ワノ国編』piece.6 より

ナミのセリフに絶賛!「よく言った」「ルフィへの信頼がすごい」

第1008話では、原作でも新たな名シーンの誕生として反響を呼んだナミの激闘が、アニメオリジナルのアレンジを加えながらじっくりと描かれました。

ルフィが海賊王になると言ったことに怒り迫り来るうるティ。
あと一発喰らったら、死んじゃう……。そう確信したナミは「ルフィは……“海賊王”には……」と震える声で話し始めます。

うるティの要望通り“なれない”と続けるのかと思いきや、ルフィとの出会いや救われたことを思い返すと「なります…絶対に……」と振り絞るのでした。
もちろんマンガで読んでも胸の熱くなるシーンでしたが、アニメ版ではナミ役・岡村明美さんの演技が加わることでナミのルフィへの想いや決死の覚悟がよりダイレクトに伝わってきました。

SNSでは、「よく言った!」「ナミさんかっこよかったよ」「痺れた……」などたくさんの感想が集まり、視聴者の心に残るセリフとなったようです。

かつてのナミならば、空島の時や映画『STRONG WORLD』の時のように心ではルフィを信じつつも、嘘をついて危機を免れたでしょう。飛び抜けた強さを誇るわけではなくとも、海賊王のクルーとしてナミも逞しく成長していることが伺えましたね。

あの名シーンにも感動。アラバスタ戦を思い出すオマージュも

19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません