『ONE PIECE』ジョイボーイ、実在の本にヒントが?解放のドラムやビンクスの酒も伏線なのか?【第1043話考察②】

掲載/更新 0
『ONE PIECE』ジョイボーイ、実在の本にヒントが?解放のドラムやビンクスの酒も伏線なのか?【第1043話考察②】
週刊少年ジャンプ15号に掲載された『ONE PIECE』第1043話“一緒に死のうよ!!!”では、前代未聞の衝撃展開が……!! ジョイボーイのモデルになったと思われる人物が話題にのぼっています。ルフィ、太陽の神ニカとの共通点は? また、“解放のドラム”は空島や「ビンクスの酒」にも登場していた……!
週刊少年ジャンプ15号に掲載された『ONE PIECE』第1043話“一緒に死のうよ!!!”​では、象主(ズニーシャ)の「ジョイボーイが…!! 帰って来た!!!」という宣言と、“にかっ!”と笑うルフィの口元が映し出される衝撃のラストが読者を震撼させました。

ルフィ=ジョイボーイの図が確定しつつあり、読者の考察も白熱する中、ジョイボーイのモデルと見られる人物が描かれた実在の本が話題になっています。その人物は、“太陽の神ニカ”にもよく似ているのだそう。 
さらに、空島の宴シーンと「ビンクスの酒」にもヒントが……!


※記事の性質上、本編の内容に触れています。

DVD『ONE PIECE Eternal Log “SKYPIEA"』画像

DVD『ONE PIECE Eternal Log “SKYPIEA"』より

まずは“ジョイボーイ”の基本情報を再度確認しておきましょう。

・空白の100年に実在した人物
・魚人島の人魚姫との約束を守れなかったことを謝罪するポーネグリフを残した
・上記の約束を果たすため、ジョイボーイに代わって約束を果たしに来る者が現れるという言い伝えがある
・ジョイボーイが現れるまでにワノ国を開国しなければならない
・ラフテルに“とんでもねェ宝”を残した
・象主(ズニーシャ)の仲間

と、詳細な人物像は明かされずとも空白の100年やラフテルなど『ONE PIECE』の物語の核を担う超重要キャラであることが分かります。

カイドウもその存在を知っており、第1043話ではジョイボーイの帰還=ルフィがジョイボーイとして覚醒(?)したと考えられるような描写が読者をザワつかせました。

ジョイボーイの元ネタが話題に。ルフィ・太陽の神ニカとの共通点に鳥肌!

ネットでは考察や議論が飛び交うなかで、ジョイボーイの元ネタになったと思われる人物が描かれた本「想像と幻想の不思議な世界―エンサイクロペディア・ファンタジア」(著:マイケル・ページ、挿絵:ロバート・イングペン、 出版社:教育社)が話題にのぼり、注目を集めました。

世界中の古い民話や伝説、ファンタジーや神話、寓話に登場する妖怪や妖精、魔法の世界……などが辞典のような形で紹介されているこの本。ジョイボーイのモデルになったと思われる同名の人物が掲載されています。
22 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません