私は鬼だったんだ…『ひぐらし』園崎詩音のゾッとするトラウマ台詞といえば

掲載/更新 0
私は鬼だったんだ…『ひぐらし』園崎詩音のゾッとするトラウマ台詞といえば
15年以上前からアニメやゲーム展開を続ける『ひぐらしのなく頃に』。恐怖と感動の両方を持つ本作は、名言も数多く存在します。今回は狂い方が作中もっとも恐ろしいとも言われる園崎詩音の、トラウマになる‟ぞっとした台詞”をピックアップ!
IMAGE
雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”を皮切りに、キャラクターたちが‟ループする惨劇”に立ち向かう姿を描いた『ひぐらしのなく頃に』。2006年に初めてアニメ化されてから、その恐ろしい描写で毎回「怖すぎ!」とお茶の間に衝撃を与えてきました。

15年以上前から様々な展開をしている『ひぐらし』には、心に残るセリフも数多く存在します。
そこで今回は、村を仕切る園崎家の魅音と双子である園崎詩音の、皆がトラウマになるような‟ぞっとした台詞”&シーンをご紹介。

詩音といえば、普段は明るく圭一をドキドキさせる女子力を持ちながら、旧作『ひぐらし』史上もっとも残虐に変貌したと言われていますが……。

「呪われてるんだよ」「違いない違いない…」

詩音の想い人で、村から差別を受けている北条家の息子である悟史
詩音は悟史への想いを募らせるあまり、悟史を頼ってばかりの妹・沙都子にキレて暴力までふるってしまいます。
さらに、悟史が失踪したことで疑わしい者を次々手にかけ……。

どこからが‟雛見沢症候群”の病の影響で、どこが素の詩音によるものなのか? もはや判別できない壮絶な復讐劇「目明し編」が幕を開けました。
16 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません