『半妖の夜叉姫』第4話、りんの前に殺生丸が登場!?でも「どうなっちゃうの…」“犬かご”ツーショットも!

『半妖の夜叉姫』第4話、りんの前に殺生丸が登場!?でも「どうなっちゃうの…」“犬かご”ツーショットも!
『半妖の夜叉姫』第4話を振り返り! 殺生丸が姿を見せ、時代樹で眠る人物がりんであると判明するも複雑な状況に心を痛めるファンが続出の回となりました。シリアスな状況の中、もろはと“犬かご”にほっこり。
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。10月24日に放送された第4話「過去への扉」では、とわせつなもろは日暮家に別れを告げ、現代から戦国時代へと旅立ちました。その道中、桔梗の姿を借りた時代樹から、麒麟丸殺生丸、2匹の妖怪を倒してほしいと頼まれるのでした。

時代樹に眠っているのは誰なのか? と先週から考察が白熱していた人物の正体がりんと判明! さらに、時代樹の話を聞く夜叉姫たちを遠巻きにして見ていたと思われる殺生丸の姿も登場し興奮も束の間、救いのない状況に心を痛めるファンが続出しました。

殺生丸とりんがついに登場!?“殺りん”ファンの心境は……

戦国時代へ戻るため、時代樹の通路を進むとわ・せつな・もろはは桔梗の姿を借りて現れた時代樹の精霊に出会います。時代樹は、間違った道にあるという2匹の大妖怪、麒麟丸と殺生丸を倒してほしいととわたちに頼みますが、ふたりは頼みを拒否。

その様子を少し遠くから伺っていた殺生丸らしい人物に気づいていた時代樹は、封印されたりんについて「このおなごを振り捨てておけばずっと目覚めぬぞ」と意味深な発言を残しました。
22 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは