『半妖の夜叉姫』3話、次回予告の桔梗に騒然!時代樹に眠るのはかごめ?それとも……

掲載/更新 0
『半妖の夜叉姫』3話、次回予告の桔梗に騒然!時代樹に眠るのはかごめ?それとも……
『半妖の夜叉姫』第3話を振り返り! 次回予告では桔梗の登場に騒然。時代樹の中には女性の姿が……この正体を巡り、考察が白熱しています。また、夢の胡蝶によって生まれた謎に注目が集まりました。
IMAGE
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。10月17日に放送された第3話「夢の胡蝶」では、現代でとわせつなもろはが一堂に会しました。三つ目上臈飛頭根を退治する一方で、もろはの口からせつなの眠りと夢を奪ったという「夢の胡蝶」について語られました。

新たな謎を呼んだのは次回予告。夢の胡蝶を捜すため戦国時代に戻るべくとわ・せつな・もろはが時代樹のもとへ行くと、そこにはなんと桔梗の姿が! そして、時代樹の中に眠る人物が、“あの人”ではないか? とさっそく噂になっています。 ほかにも様々な考察が…。

桔梗の頼みとは?時代樹の中に眠るのは……

犬夜叉の腕の中で成仏していったはずの桔梗の登場には驚かされましたね。どうやら、とわたちが戦国時代へ戻るための時代樹の通路に現れたようです。

桔梗は予告内で、「殺生丸の娘であるお前たちに頼みがある」と話していました。とわとせつなに何か頼み事があるようですが、いったいその内容とは何なのでしょうか? ネット上では、まったく姿を見せない殺生丸やその妻、犬夜叉とかごめと関わってくる内容なのではないかとの意見が多く見られました。

また、時代樹の中には眠っていると思われる一人の女性の姿が。時代樹に取り込まれ封印されたようにも、時代樹を護っているようにも見えますが、この女性は誰なのか、二つの説が浮上しています。
一つは、時代樹の中にいるのはかごめであるとの説。

もろはの「時代樹ってのは巫女の姿をしてんのか?」という発言と、桔梗や時代樹(御神木)との関わりが深いことが主な理由のようです。

そしてもう一つ、これを裏付ける興味深い考察が。

半妖の夜叉姫』公式サイトなどで見られるビジュアルでは、夜叉姫たちはもちろん、殺生丸や琥珀らが顔を見せる中、犬夜叉だけが背中を向けています。

これに対し、犬夜叉はかごめが封印されてしまった時代樹を見つめているために、一人だけ背中を向けているのではないか? と言われているのです。確かに、最愛の妻かごめが時代樹の中にいるとすれば、そこを見つめたままかたくなに動かない……なんてことも、かごめの帰りを待っていつも井戸の前でソワソワしていた犬夜叉なら納得の行動ですよね。

犬夜叉18巻(小学館)

犬夜叉18巻(小学館)

二つめは、時代樹の中にいるのはりんであるという説。

半妖の夜叉姫』放送開始前から、未だ判明しないとわとせつなの母ではないかと囁かれ続けているりん。

時代樹の中に眠る黒髪の女性の後ろ髪のハネ具合が、りんと同じだとの指摘に「鋭い!」「確かに一見かごめかと思うけどりんって言われても納得のシルエット」と共感が集まっています。

さらに桔梗が頼み事の相手に殺生丸の娘であるとわとせつなを指定していたことが、この説を支持する決定打となっているようです。

夢の胡蝶が奪ったのはせつなの記憶だけではない?

また、第3話ではもろはが夢の胡蝶にせつなの夢が食われたことを見抜きました。
せつなの夢を取り戻すために戦国時代へ戻ると決まりましたが、果たして夢の胡蝶に食われたのは本当にせつなだけなのか? 『半妖の夜叉姫』に見られる不審な点から、ある疑問も浮上しています。
20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません