『呪術廻戦』五条悟の高すぎる人間力に感服した…!人間ドラマに深みを与えた彼の存在

掲載/更新 0
『呪術廻戦』五条悟の高すぎる人間力に感服した…!人間ドラマに深みを与えた彼の存在
『呪術廻戦』を語る上で欠かせないキーパーソン、五条悟。その大人気の理由とは……? 呪術師として、教師として、二つの顔を持つ彼に秘められた熱いハートや人間力の高さに迫ります。
劇場版も大ヒットし、絶好調のアニメ「呪術廻戦」。そんな「呪術廻戦」を語る上で欠かせない人気キャラが、最強の呪術師と呼ばれる五条悟です。彼は主人公ではないものの物語のキーマンであり、この作品をより魅力的に彩り、深みを与えるという重要な役割を担っています。

今回はそんな五条悟の魅力や、高すぎる人間力についてご紹介します。
『劇場版 呪術廻戦 0』TVCM五条夏油篇|大ヒット上映中

呪術だけではない高い人間力

少年漫画では、味方サイドに主人公以外の“最強キャラ”が配置されるというケースは多いもの。『鬼滅の刃』であれば柱たち、『進撃の巨人』であればリヴァイなどが挙げられます。

五条悟も『呪術廻戦』における主人公サイドの最強キャラにあたり、「主人公を支える最強キャラ」としては少年漫画ではありがちともいえますが、その最強ぶりがあまりにも飛び抜けており、ひとつの個性として視聴者を惹きつけているのです。
さっそく初登場時には、「歴史上最強の呪霊」とされている両面宿儺と対等以上のバトルを展開。その後も劇中トップクラスの呪霊たちを飄々とした表情であっさり撃破していくなど、アニメなどではしばしば「勝てる気がしない」敵キャラが登場することがありますが、五条悟はまさに「負ける気がしない」味方キャラなのです。

五条悟が“最強”なのは呪術面だけではありません。五条人気を支えているさらなるポイントのひとつが、複雑な立場においても感じられる人間力です。

特に飄々としていながら時々見せる熱さは多くのファンを惹きつけ、腐敗した呪術師界隈でも、あくまでも生徒たちのことを想う様子が胸を打つのです。

ただのバトルもので終わらない。五条悟が深みを与えた

「呪術廻戦」は、基本的に人間(呪術師)VS呪霊(呪い)という図式で展開するバトルものです。
しかし五条悟の存在・視点が加わることによって、ただのバトルものを越えた、幅広い層が楽しめる作品に昇華されています。

彼は作中において2つの顔を持っており、ひとつは「現代最強の呪術師」、もうひとつが主人公・虎杖悠仁らが通う呪術高等専門学校の「教師」。彼は呪いのみと戦っているというわけではないのです。
32 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません