平成から昭和、腐女子はどう変わった?BL業界「SNSで新たな需要が日々発見される時代に」

平成から昭和、腐女子はどう変わった?BL業界「SNSで新たな需要が日々発見される時代に」
【第三回はこちら!】毎年話題となる「BLアワード2019」が発表に! 今回の記事ではちるちる編集部が見つめてきたBL業界の過去から現在、その変化について伺いします。
■関連記事
BLコミックの流行ジャンルを振り返り!2016年は子育て、2017年はショタ攻め…今年は?

【第一回】
【第二回】の記事で商業BL作品のヒット作や、BL流行ジャンルの移り変わりなどについてBL漫画&小説のレビューサイト「ちるちる」さん(以下、ちるちる)にお聞きしてきました。

しかし流行とは関係なく、人それぞれがもっている愛の形や推しへの愛。愛の数だけさまざまなジャンルが日々生み出されていくもの。そこで、ちるちるが密かに注目している推しジャンルをお伺いしてみました。

また、後半では商業BL業界全体の動きにも注目! ちるちるが見つめてきたBL業界の過去と現在、その変化とは? 

ちるちる編集部が推したいジャンル、3つを発表

まずは、2019年にもっと盛り上がってほしいジャンルを3つ上げていただきました! 

【1】喘ぎ攻め
「かっこいい攻めがかわいい受けを愛する……というBLのイメージからか、もっぱら受けばかりが喘いでいることが多いのですが、いやいや! 攻めもっと喘げよ‼ と思ってしまいます。

男(タチ)側がエスコートするものという呪縛からせめてBLでは解き放たれてほしい。また、単純に気持ちよくなっている攻めが見たいというのもあります。BLにおけるSEXはいつも引き分け、WIN-WINでいてほしいです」(ちるちる編集部/以下同)

【2】メスお兄さん
メスお兄さんは年上だけどメスというギャップがいいです。誰しもセクシーな保険医に夢見ることがありますよね。そんな色気をメスお兄さんは持っていると思います
22 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは