『ヒカルの碁』は黄金コンビの真骨頂。白熱の心理戦と等身大のキャラに夢中だった【90年代“少年ジャンプ”を振り返る】

掲載/更新 0
『ヒカルの碁』は黄金コンビの真骨頂。白熱の心理戦と等身大のキャラに夢中だった【90年代“少年ジャンプ”を振り返る】
数々の名作を生み出した『週刊少年ジャンプ』は、特に90年代から連載されていたマンガに影響を受けた人も多いよう。その中から今回は、囲碁を題材に前代未聞のヒットを遂げた『ヒカルの碁』を振り返ります。
IMAGE
数々の名作を生み出した『週刊少年ジャンプ』の中でも、特に90年代から連載・アニメ化された作品に影響を受けた人は多いよう。
今回は、『デスノート』なども有名なほったゆみさん×小畑健さんのタッグにより、囲碁という題材で前代未聞のヒットを遂げ、今年20周年で再び注目を集める『ヒカルの碁』を紹介します。

※記事の特性上、一部重要なネタバレを含みます。

<作品概要>
『ヒカルの碁』
原作:ほったゆみ/漫画:小畑健/監修:梅沢由香里
連載:1992~2003年/アニメ放送:2001年10月~2003年3月
受賞歴:第45回小学館漫画賞、第7回手塚治虫文化賞新生賞

ごく普通の小学6年生・進藤ヒカルは、家の蔵で古い碁盤を発見。すると、碁盤に宿っていた平安時代の天才棋士・藤原佐為が現れ……。
はじめは佐為の指示通りに碁を打つヒカルでしたが、次第に自ら囲碁の世界へ身を投じていきます。

部活や競技を題材とした少年ジャンプの作品といえば、『スラムダンク』のように入部希望者を全国に増やすことでも有名。
しかし、囲碁に子どもが楽しむイメージを持っている人はほとんどいなかったでしょう。
そこに革命を起こしたのが『ヒカルの碁』。本作が人気を博したことで囲碁が若年層に流行し、プロ棋士になった人も出ました。

何がそこまで人を惹きつけたのか──『ヒカルの碁』をマンガ・アニメで楽しんだ人たちの声とともに紹介します。

1対1の孤独な心理戦、等身大のヒカルたちに感情移入

25 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません