当時『BLEACH』のオシャレさは斬新だった。伝説的人気のキャラも【90年代“少年ジャンプ”を振り返る】

当時『BLEACH』のオシャレさは斬新だった。伝説的人気のキャラも【90年代“少年ジャンプ”を振り返る】
数々の名作が世代を超えて受け継がれ、2018年には創刊50周年を迎えた『週刊少年ジャンプ』。既に完結した名作の中から、今回は『BLEACH』の思い出を当時からのファンに聞きました。
IMAGE
『BLEACH』(著:久保帯人先生)は、『週刊少年ジャンプ』にて2001年~2016年まで連載されたファンタジーバトルマンガ。

2004年~2012年にかけてTVアニメが放送され、2020年には最終章「千年血戦篇」のアニメ化が発表。令和のいま、再び話題を集めています。

今回は、そんな『BLEACH』の人気を連載当時からのファンの声とともに振り返ります。

和風ファンタジー×熱いバトルが斬新だった

やはり『BLEACH』を語るうえで欠かせないのは熱いバトル! 死神が用いる武器“斬魄刀”も人気が高く、斬魄刀の人気投票が行われたほどでした。

「現代の街中で、黒い装束を着た死神が暴れ回るっていう絵面が斬新だった。和風なのにスタイリッシュなあの独特な雰囲気は、『BLEACH』ならではだと思う」

「普通の高校生の一護が主人公っていうのが感情移入しやすい。初登場時の不機嫌な感じも、‟いまどき”の男子高生って感じでかっこよかった。最初はクールだったのに、バトルを通してどんどん熱い男になっていくところも良い!」

「見開きぶちぬきシーンが多かったり、かっこいいセリフを1ページでどーん!と大きく見せたり、久保先生はバトルシーンへのこだわりがすごい」

『BLEACH』といえば、「卍解!」を真似した人も多いのでは?
コミックではひとつのバトルが数巻をまたいで描かれていた辺りも、久保先生のこだわりを感じさせます。
13 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは