『きのう何食べた?』第11話が"神回"でしかない…「俺は不幸じゃないと知ってほしい」西島秀俊×内野聖陽

掲載/更新 0
『きのう何食べた?』第11話が"神回"でしかない…「俺は不幸じゃないと知ってほしい」西島秀俊×内野聖陽
テレビ東京系列にて放送中のドラマ『きのう何食べた?』。両親からケンジを連れてくるように言われるシロさん。戸惑う気持ちが決意に変わっていく第11話。第12話(最終回)の前に名シーンとともに振り返りましょう♪ 
男性カップルの生活を描くよしながふみ先生原作のドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)。

倹約家で几帳面なイケメン弁護士・筧史朗(通称シロさん / 西島秀俊さん)と、人当たりが良くハートがふんわり乙女な美容師・矢吹賢二(通称ケンジ / 内野聖陽さん)という男性カップルの同棲生活あれこれを、ふたりの食事と人々との関わりを軸に描き出します。

第11話では、実家の両親に「ケンジを連れてきなさい」と言われてしまうシロさん。最初は困惑していましたが、カヨコさん一家との交流を経て、徐々に心情に変化が……。

「親の悩みはゲイもノンケも変わらないじゃないか」

12月、実家に帰って母親(梶芽衣子)さんと夕飯の準備をするシロさん。母親の合理的な調理手順を見ながら「俺の料理のルーツはここにあったんだな」と感慨深くなる一方、あまりにもおだやかな母親の様子を意外にも思います。

すると案の定、食事のあとで「お正月に矢吹賢二さんを連れてらっしゃい」と言い出す母親。結婚のようにカッチリした関係ではないから、とシロさんはあたふたしますが、さらに父親(田山涼成さん)から「そんな生半可な気持ちで同性愛をやっているのか!」と言われ、絶句してしまいます。

その後、カヨコさん(田中美佐子さん)宅を訪れたシロさんは、富永一家の父娘ゲンカに遭遇。富永さん(矢柴俊博さん)は、一人娘であるミチル(真凛さん)が結婚して子どもを産んでくれるものと期待していたのですが……ミチルにまったくその気がないと知って「孫の世話ができない」と落胆していたのです。
(なんだ……親の悩みはゲイもノンケも変わらないじゃないか)

そんな富永夫妻の姿を自分の両親に重ね、シロさんはそんな風に思います。自分がゲイだから。一人っ子なのに。そんな理由で、孫の顔を見せることは叶わないことに罪悪感を感じていたシロさん。

でも「親って、変な生き物でしょ?」と笑うカヨコさんのおかげで、自分が“ゲイだから”ではなく、親とはそういう生き物なのだと理解できたみたいです。落ち込んだままの富永さんを見るシロさんの表情は、とてもやさしいものでした。

「何このデブ製造機みたいなメニュー!」

今年のクリスマスは、小日向さん(山本耕史さん)ジルベール(磯村勇斗さん)を招いて4人でホームパーティーをすることに。料理をするシロさんの横目にケンジは2人で選んだ指輪を取り出し、しっかりと左手の薬指に装着します。

ところが、到着した小日向さんの前でさりげなく指輪をチラチラさせるも、まったく気づかれず。ちょっと肩透かしを食らうケンジでしたが、ジルベール相手には効果てきめん! 指輪に気づいて明らかに動揺するジルベールに対し、勝ち誇ったケンジの表情……(笑)。
その後も2人のバトルは止まりませんが、料理を食べはじめるやジルベールの怒りの矛先がシロさんに。

「何このデブ製造機みたいなメニュー!」

自分たちへの嫌がらせだ、と言いつつ、明太子ディップが止まらないジルベール。さらにシロさんに焼きナスのラザニアを山盛りにされ、いや~!と絶叫しながらもおいしくて食べる手が止まりません。「全部食べちゃったじゃないのよ!」と怒りながらも、完食してしまうのでした。

シロさんの料理のおいしさを、自分のことのように誇らしげにしているケンジの可愛さもさることながら、シロさんがすっかりジルベールの扱いに慣れていて、やりとりを純粋に楽しんでいる様子がとても良かった4人のお食事シーン。小日向さんが相変わらずジルベールにはまるで勝てないところも、可愛かったですね!

「少なくともいま俺は不幸じゃない」

食後、4人で野年越しパーティーを提案するジルベール。戸惑いつつも了承しようとしたケンジをシロさんが制します。

「いや、正月は……ケンジ連れて、俺の実家に帰ろうと思ってるんで」

思いがけないその言葉に、呆気に取られるケンジ。とっさに言葉が出てきません。
ジルベールは「親にショックを与えるだけ。どうしたってゲイへの偏見がなくなるわけじゃない、それが現実」と反対しますが、その言葉にシロさんは納得しつつも「両親がどう思ったのか、ずっと考えてた」と、涙ながらに語るのです。
22 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません