『ヒプマイ』シンジュクは曲がガチすぎる…!音楽ファンをも唸らせる“麻天狼”の貫禄

掲載/更新 0
『ヒプマイ』シンジュクは曲がガチすぎる…!音楽ファンをも唸らせる“麻天狼”の貫禄
アニメソング(アニソン)を語る連載。今回取り上げるのは『ヒプノシスマイク』シンジュク・ディビジョン。新宿の街らしい大人びた雰囲気が魅力のシンジュク、音楽好きの間でも話題になることが多いのだとか。
IMAGE
アニメ・マンガ大好きなガチオタ兼ミュージシャン歴10年の音楽ライターが、様々な角度からいろんなアニソンを考察する本シリーズ。
今回ピックアップするのは、多くの音楽好き&アニメ好きからの話題も尽きない『ヒプノシスマイク』から、シンジュク・ディビジョンにまつわる魅力をご紹介!

天才医師・神宮寺寂雷率いるシンジュク・ディビジョン麻天狼。メンバーに幼馴染同士のホスト・伊弉冉一二三、サラリーマン・観音坂独歩の二人が所属するこのチームは、ずばり新宿の街らしい大人びた雰囲気や、華やかさと闇が同居する点が大きな魅力です。

ヒプノシスマイク「麻天狼 -Before The 2nd D.R.B-」シンジュク・ディビジョン

ヒプノシスマイク「麻天狼 -Before The 2nd D.R.B-」シンジュク・ディビジョン


一方でこの麻天狼、実は音楽ファンからの注目が一躍アツいディビジョンとしても人気のチーム。その理由はずばり、彼らの楽曲をこれまで手掛けてきた、実に多彩かつ錚々たるアーティスト陣の顔ぶれの幅広さにありました。

『ヒプマイ』を知らない人には、ずばりシンジュクディビジョン・麻天狼の楽曲から「沼」に誘い込むのがおすすめ!? 『ヒプマイ』好きもそうでない人にも刺さる、豪華すぎるそのメンツを今回はご紹介していきましょう。

メジャーシーンに愛される、伊弉冉一二三ソロ曲。

今まで数々のアーティスト陣から楽曲提供を受けてきた『ヒプノシスマイク』シンジュク・ディビジョン麻天狼。
中でも特に大勢の注目を集めたのは、やはり麻天狼の二番手であるホスト・伊弉冉一二三のソロ曲でしょう。

まずは初のソロ曲『シャンパンゴールド』。この作詞を手掛けたのは、芸能界でもチャラ男として一時期ブームを巻き起こしたお笑い芸人・オリエンタルラジオの藤森慎吾さん。
ホストの一二三らしい「チャラさ」が満載のこの楽曲は、麻天狼ファン、『ヒプマイ』ファンのみに留まらず大勢の間で話題に。また2020年の一二三バースデーには、藤森さん自身がこの曲をセルフカバーした動画(※)も注目を集めましたね。

※藤森慎吾のYouTubeチャンネル:【ヒプマイ】シャンパンゴールド / 藤森慎吾が歌ってみた【伊弉冉一二三】

ヒプノシスマイク「麻天狼-音韻臨床-」 シンジュク・ディビジョン

ヒプノシスマイク「麻天狼-音韻臨床-」 シンジュク・ディビジョン


さらに2曲目となる『パーティを止めないで』。こちらを作詞作曲したのは、今や国民的アーティストとして知られるゴールデンボンバー・鬼龍院翔さん!
こちらの楽曲もキリショーさんらしいサウンドでありつつ、華やかなホスト・一二三の事がしっかり描かれた曲。ファンの間では、ある種ヒプマイ』の登竜門的曲としても人気です。
ヒプノシスマイク「パーティーを止めないで」/伊弉冉一二三Trailer

数々のヒプマイ曲の中でも、特に伊弉冉一二三の上記2曲は非常に幅広いファンから愛されている楽曲です。

曲自体が華やかで耳に残るという理由もありますが、何より一番はアニメ好きや音楽好きのみに限らない、地上波のテレビ番組でも知られる、認知度も非常に高いアーティストの楽曲提供。それが特に大きな話題を呼んだからでしょう。
31 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません