『着飾る恋』の横浜流星、かつて2.5次元舞台でも魅了していた。ストイックさと誠実な姿勢に尊敬

掲載/更新 0
『着飾る恋』の横浜流星、かつて2.5次元舞台でも魅了していた。ストイックさと誠実な姿勢に尊敬
「テレビで見ない日はない!」と思うほど大ブレイク中の俳優・横浜流星さん。その魅力を、『烈車戦隊トッキュウジャー』や舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE 〜さよなら絶望学園〜』など特撮・2.5次元舞台出演時代から振り返ります。
TBS系で2021年4月20日より放送開始したドラマ『着飾る恋には理由があって』。自らを着飾っていたインフルエンサーの真柴くるみ(川口春奈さん)が、藤野駿(横浜流星さん)や早乙女香子(夏川結衣さん)らとルームシェアをすることになり、変化していく様子を描く「うちキュン」ラブストーリーです。

横浜流星さん演じる藤野駿は、料理人という役柄。渦巻く恋愛関係のなかで生きているその姿に、Twitterでは「反則級の可愛さ」「心臓飛び出る……!」と、萌えと今後の活躍に期待を寄せる声が集まっています。

小学6年生のときにスカウトされ芸能活動を開始した横浜流星さんは、DISH//や超特急を排出した男性タレント集団EBiDANの元メンバー。

TBS系ドラマ『初めて恋をした日に読む話』にて、ピンク色の髪をした“ユリユリ”こと由利匡平役を演じ、その不良だけれど実は真面目というギャップ萌えで注目を集めました。
その後も、『あなたの番です -反撃編-』や『私たちはどうかしている』(ともに日本テレビ系)など、立て続けにドラマに出演し、ブレイクを果たしたことは皆さん知るところかと思います。

そんな横浜流星さんはブレイク前に『烈車戦隊トッキュウジャー』など戦隊ヒーロー作品に出演していたことが有名ですが、2.5次元舞台にも出演経験があるのです。
そこで、ドラマだけではない横浜流星さんの魅力を、2.5次元舞台を中心に振り返ります。

舞台でみせたストイックさ “原作もの”へのプレッシャーも

横浜流星さんがいわゆる“2.5次元舞台”に初めて出演したのが、乙女ゲームを原作とした舞台『CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ A live Moment』。(2013年の初演時に出演)

“反逆者”という役どころで、突如ナイフを突きつけてくるような一面もある青年を演じています。
横浜流星さんは当時まだ十代でありながら妖艶な魅力で観客を惹きつけました。真っ赤なウィッグでのビジュアルも素敵ですよね。
初の2.5次元舞台は流星さんも不安だったようす。

2013年10月7日に書かれたブログでは舞台が終了した寂しさを述べつつ「原作ものがあるやつは初めてで最初凄く不安でした・・。」「でも、原作者さんや演出家さんキャストの皆と話しあって ずっと研究して似せるのは勿論なんですがそれだけじゃ嫌で、自分の個性を出したいなと思いずっと考えて」という気持ちで本番に臨んだことを明かしています。
その後『烈車戦隊トッキュウジャー』への出演を経て、2015年には推理アクションゲームを原作とした舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~』で主演に抜擢され、日向創役を熱演。初の座長を務めます。

当時、WEBメディア「スマートボーイズ」のインタビューではこの時の気持ちを「(座長を務めるプレッシャーよりも)原作モノのプレッシャーの方がずっと重い」(2015年8月16日の記事より引用)と語っており、原作ファンを大切にしたいという想いが伝わってくるようです。
数々の“原作モノ”のドラマにも出演している流星さん、ドラマで魅せてくれるキャラクター作りはこの時の経験が生かされているのかもしれません。

⇒次ページ:『スーパーダンガンロンパ2』でのストイックさ。ビジュアルにも注目!
公演では、ストーリーの特性上、最初から最後までほぼ舞台上に立ちっぱなしという役柄で膨大なセリフ量をこなし、役者としてのストイックさも垣間見せてくれた『スーパーダンガンロンパ2』。

その際の流星さんが扮したビジュアルに関しても評判が高く、作品中の“超高校級の○○”という名称にかけて「超高校級のイケメン」との呼び声も高かったようです。
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません