『きのう何食べた?』第6話 「誘われてんのかって思うだろ!」自意識過剰が恥ずかしい/// 西島秀俊×内野聖陽

掲載/更新 0
『きのう何食べた?』第6話 「誘われてんのかって思うだろ!」自意識過剰が恥ずかしい/// 西島秀俊×内野聖陽
テレビ東京系列にて放送中のドラマ『きのう何食べた?』。シロさんの自意識過剰っぷりが可愛かった第6話、SNSがざわついた「ジルベール」もついに登場します! 第7話の前に名シーンとともに振り返りましょう♪
男性カップルの生活を描くよしながふみ先生原作のドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)。

倹約家で几帳面なイケメン弁護士・筧史朗(通称シロさん / 西島秀俊さん)と、人当たりが良くハートがふんわり乙女な美容師・矢吹賢二(通称ケンジ / 内野聖陽さん)という男性カップルの同棲生活あれこれを、ふたりの食事と人々との関わりを軸に描き出します。

第6話では、なんとシロさんにモテ期到来……!?  思わぬ事態に右往左往するシロさんがかわいい♡ そしてついに、あの“ジルベール”も登場しますよ~!

「だからパートナーって貴重なんだよね」

季節は春。シロさんは職場で若い女性の司法修習生、長森さん(真魚さん)の担当を頼まれます。その話をシロさんから聞き「その子も可哀想」というケンジ。優秀でしかも独身の先輩弁護士に運命を感じても不思議じゃない、でもシロさんはゲイ。そんな切ないことはない……と。

そんなケンジの「乙女脳」に呆れ半分、感心するシロさんは「実際職場にそんな空気を持ち込む人間はいない」といなします。同意しつつ、シロさんをじっとみつめるケンジ。

「だからパートナーって貴重なんだよね」
同性愛者の2人は、単純に恋愛をするにも、出会いの機会が限られてきたでしょう。一緒に生きていこうと思う相手に出会い、毎日をともに暮らしていることは、本当にかけがえのないことなのだと思います。

ケンジのおのろけにも聞こえますが、彼らの立場で考えてみると、とても深いひとことなんですよね。

「何だ……この妙な罪悪感は」

とはいえ「女の子のほうが積極的かもしれない」と、相変わらずシロさんの “モテ“ を心配しているケンジ。でも実はその彼女以上にシロさんが困惑しているのが、小日向さん(山本耕史さん)からの度重なる食事の誘いでした。

小日向さんからは「一度どうしても2人でお会いしたい」と言われタジタジのシロさんですが、ケンジが飲み会でいない日の夜、ついに小日向さんと食事の約束をしてしまいます。
その食事の席で小日向さんを待つシロさんに、ケンジから「例の女の子とどっか行ったりしてないよね!?」とメッセージ。「行ってないよ」と返すシロさんですが……。

「何だ……この妙な罪悪感は」

何にも悪いことしてないのに……と言いますが、シロさん、多分罪悪感の理由わかってますよね~? たしかに“女の子”とは行っていませんが、“ゲイである小日向さん”と食事しちゃうのは、ケンジ的には100倍NGなのでは!?

まあでも、視聴者としては、そんなシロさんもかわいいと思っちゃいます。

「誘われてんのかって思うだろ!」

小日向さんの話題は相変わらず“ジルベール”こと、恋人「ワタルくん」の愚痴。開店前のクリーニング屋へ走らされたエピソードをなんとも言えない顔で聞いていたシロさんですが……。

ふいに真顔で距離をつめてくる小日向さんから「正直もう限界かなと思うときもある」と打ち明けられ、「マズい! 小日向さんはわりと俺のタイプなんだ……!」と動揺するシロさん。すんでのところで小日向さんを制止しますが、そんな2人に割って入るぽや~んとした声。

「大ちゃ~~~~~~ん」
「あっ、あっ、ワタルくん、こっちこっち♡」

ボサボサ頭に無精ヒゲ、「針ネズミ」と書かれた謎のイラストTシャツ(しかもピンク)を来て駆け寄ってきた青年こそ、小日向さんのジルベールこと、井上航(磯村勇斗さん)でした。
25 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません