『ONE PIECE』ラフテル、水先星島…未開の地には何がある?最終章に残る謎

掲載/更新 0
『ONE PIECE』ラフテル、水先星島…未開の地には何がある?最終章に残る謎
まもなく原作は最終章へと突入する『ONE PIECE』(ワンピース)。完結に向けておさらいしておきたい、作中で詳しく描かれていない未知の島や未開の地をまとめました。ルフィたちの次なる冒険の地は……!?
連載25周年を迎え、イベントや映画、原作も怒涛の展開に盛り上がる『ONE PIECE』(ワンピース)。

先日、原作者の尾田栄一郎先生より、1ヶ月の休載期間(週刊少年ジャンプ2022年30号〜33号)を経て、7月25日(月)掲載の1054話(週刊少年ジャンプ2022年34号)からついに最終章へと突入することが発表され、「ついに終わるのか……!」「子供の頃から当たり前にある作品が終わるなんて信じられない」と世間から大きな反響を集めました。

ですが、『ONE PIECE』の世界ではまだまだ未開の地が存在します。
そこで本記事では、来たる最終章に向けて未開の地の謎をおさらいしておきましょう。ルフィたちは上陸するのか? そして次なる冒険の地は……。

【1】ラフテル:『ONE PIECE』世界の秘密を明かす場所?

『ONE PIECE』における謎の地といえばもちろん、一番に名が挙がるのはラフテルでしょう。
謎多き場所であると同時に、海賊王・ロジャーがひとつなぎの大秘宝“ワンピース”を遺した場所、世界中の海賊たちが目指す最終地点として初期から馴染み深くもありますよね。

ラフテルは偉大なる航路(グランドライン)、新世界の海を制した者がたどり着ける最後の島で、未だかつてロジャー海賊団以外で到達した者はいないとされています。
その場所は、世界に4つのみ存在する「ロード歴史の本文(ポーネグリフ)」に記された地点を結ぶと、その中心に浮かび上がるのだそう。

劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』ではラフテルへの永久指針(エターナルポース)も登場しましたが、自身のチカラで冒険を進めていくことを信条とするルフィが破壊したため、やはり簡単に目指せる場所ではなくなりました。

DVD『ONE PIECE Log Collection  “ROCKET MAN”』画像

DVD『ONE PIECE Log Collection  “ROCKET MAN”』より

また、ワノ国編でロジャー現役時代の航海が描かれたことで、ラフテルの輪郭も見えてきました。
まず、ラフテルという名はロジャーがつけたということ。ジョイボーイがこの地に遺した宝が笑ってしまうようなとんでもないものだったために「笑い話」(=Laugh Tale)の意味をこめたネーミングです。

そしておでんの航海日誌によれば、ロジャーたちはラフテルで世界の全てを知ったといいます。
空白の100年や“D”の一族、ある巨大な王国についてなど、壮大で神秘的な『ONE PIECE』の世界の秘密を明かす何かがラフテルにあるようなのです。
ついに最終章、ルフィたちがラフテルへたどり着くその日も、もうそう遠くではありません……!

■伏線だらけ!?『ONE PIECE』の名曲「ビンクスの酒」の謎。ラフテルへの旅やDの一族、空白の100年にまつわる歌詞が…。https://numan.tokyo/anime/fCIa8

【2】水先星(ロードスター)島:最後の地はラフテルへのカギに?

22 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません