『呪術廻戦』祖父の“遺言”が謎を解く…? 虎杖と「存在しない記憶」の関係に考察が広がる

掲載/更新 0
『呪術廻戦』祖父の“遺言”が謎を解く…? 虎杖と「存在しない記憶」の関係に考察が広がる
アニメも放送中のマンガ『呪術廻戦』。主人公・虎杖悠仁に関する様々な憶測が飛び交う中、ファンの注目は虎杖の“祖父”に集まっているようです。
『週刊少年ジャンプ』で連載され、アニメも大好評放送中の『呪術廻戦』(芥見下々著)

主人公・虎杖悠仁に関する様々な憶測が飛び交う中、数いるキャラクターの中で、最近話題になっているのが虎杖悠仁の“祖父”です。彼はすでに亡くなっているはずですが、一体なぜ?

祖父の“遺言”が「存在しない記憶」に影響?

話題の渦中にあるのは、祖父の“遺言”。

「オマエは強いから人を助けろ」「大勢に囲まれて死ね」という彼の遺言が、これまで2度登場した「存在しない記憶」に繋がる伏線になっているのではと噂されているのです。
「存在しない記憶」とは、相手の脳内に宿る“あるはずのない記憶”のこと。この記憶が初めて発生したのは第35話でした。

東堂葵の脳内に、突如として溢れ出した虎杖との架空の思い出。同じような現象は、第105・106話にて脹相の脳内でも起こっています。
虎杖は先天的な“術式”を持っていないはずですが、一部ファンたちは「存在しない記憶」こそ虎杖の能力では? と考察。

さらに祖父の“遺言”と関連づけて考える人も。

記憶の操作は何のため?

“遺言”と”存在しない記憶”を結び付けている読者の間では、「囲んでくれる友人を作るために、虎杖に“記憶を操作する力”が生まれたとか?」「爺ちゃんの遺言が“呪い”となって術式に影響してくるんじゃ……」「命の危機を感じると発動するんだろうか」などの推測が上がっていました。
果たして「存在しない記憶」は虎杖の“術式”なのか? そこに祖父の“遺言”は関係しているのか? 今後の展開から目が離せませんね。
13 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません