『呪術廻戦』祖父の“遺言”が謎を解く…? 虎杖と「存在しない記憶」の関係に考察が広がる

『呪術廻戦』祖父の“遺言”が謎を解く…? 虎杖と「存在しない記憶」の関係に考察が広がる
アニメも放送中のマンガ『呪術廻戦』。主人公・虎杖悠仁に関する様々な憶測が飛び交う中、ファンの注目は虎杖の“祖父”に集まっているようです。
『週刊少年ジャンプ』で連載され、アニメも大好評放送中の『呪術廻戦』(芥見下々著)

主人公・虎杖悠仁に関する様々な憶測が飛び交う中、数いるキャラクターの中で、最近話題になっているのが虎杖悠仁の“祖父”です。彼はすでに亡くなっているはずですが、一体なぜ?

祖父の“遺言”が「存在しない記憶」に影響?

話題の渦中にあるのは、祖父の“遺言”。

「オマエは強いから人を助けろ」「大勢に囲まれて死ね」という彼の遺言が、これまで2度登場した「存在しない記憶」に繋がる伏線になっているのではと噂されているのです。
13 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは