比嘉愛美ドラマ『推しの王子様』第6話にわかりみ…!推しに会えることは奇跡。

掲載/更新 0
比嘉愛美ドラマ『推しの王子様』第6話にわかりみ…!推しに会えることは奇跡。
比嘉愛美さん、渡邊圭祐らが出演するドラマ『推しの王子様』。胸を打つ名言の数々に話題沸騰中の本作、第6話でも名言が炸裂しました。第1話で登場した“推し”を想う気持ちに重なるセリフや、推しが2次元にいる人は共感必至のセリフも……。あらすじを踏まえ、みんなが特に心を打たれたポイントをご紹介します。※ネタバレにご注意ください
IMAGE
フジテレビ系にて放送がスタートした新ドラマ『推しの王子様』、通称『推しプリ。8月19日(木)に放送された第6話では、五十嵐航(渡邊圭祐)とすれ違ってしまった日高泉美(比嘉愛美)が、なんとか誤解を解こうとします。一方航は、泉美を見返そうと仕事をこれまで以上に頑張るのでした。

毎回、名言が満載の本ドラマ。今回は、“好き”という気持ちの尊さや素直になることの大切さを教えてくれる格言が心に沁みました。また、実際に会うことができない推しを持つ人なら共感せずにはいられないセリフも……!

『推しの王子様』フジテレビ公式サイトより

『推しの王子様』フジテレビ公式サイトより

「うらやましいよ 俳優とかアイドルとか 推しに会おうと思えば会えるんだから」

帰る場所がないという航を寝泊まりさせることにした有栖川遼(瀬戸利樹)は、自宅に並ぶコレクションを興味深く眺める航に歴オタになったきっかけを語ります。

歴史の奥深さにどんどんハマっていく一方、過去のことゆえのネックもあるようで、渡辺芽衣(徳永えり)小原マリ(佐野ひなこ)を例に「うらやましいよ 俳優とかアイドルとか 推しに会おうと思えば会えるんだから」「俺なんて誕生日祝おうと思ってももう死んでるし」と愚痴をこぼすのでした。
歴史オタクの方はもちろんのこと、2次元のキャラクターや解散したバンドなど、実際に会うことが難しい相手を推している方にはグサっと刺さるセリフだったのではないでしょうか。

同じ時代に生きていて、本物の推しに会うことができる……というのはある種の奇跡なのかもしれません。
推しは推せるうちに推せ」なんてよく言いますが、特に推しが生身の人間である場合は、その相手が元気に活動しているという恵まれたタイミングをぜひ大切に噛み締めてくださいね。

「私も誕生祭楽しみにしてますもん!」

33 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません