比嘉愛美ドラマ『推しの王子様』第5話 感想、オタクの恋愛はオタ活にも通じる?誰かの“好き”を否定しない

掲載/更新 0
比嘉愛美ドラマ『推しの王子様』第5話 感想、オタクの恋愛はオタ活にも通じる?誰かの“好き”を否定しない
比嘉愛美さん、渡邊圭祐らが出演するドラマ『推しの王子様』。胸を打つ名言の数々に話題沸騰中の本作、第5話では恋愛に関する名言が続々。オタ活にも通じるところが……?あらすじを踏まえ、みんなが特に心を打たれたポイントをご紹介します。※ネタバレにご注意ください※ネタバレにご注意ください
IMAGE
フジテレビ系にて放送がスタートした新ドラマ『推しの王子様』、通称『推しプリ。8月12日(木)に放送された第5話では、胸キュンを生み出す乙女ゲーム制作会社勤務でありながら恋愛を知らない五十嵐航(渡邊圭祐)が「好きってなんなんでしょうね……」と呟く由々しき事態が発生!? さらに、そんな航が日高泉美(比嘉愛美)と遊園地デートへ行くことに……。

今回は「好き」という気持ちを巡って、ペガサス・インク社員たちそれぞれの恋愛に関する名言が多く飛び出しました。オタクの恋愛論はオタ活にも通じる!?

『推しの王子様』フジテレビ公式サイトより

『推しの王子様』フジテレビ公式サイトより

「頑張ってる子はまぶしい〜!」

大学に通いながらインターンとしてペガサス・インクでも活躍する古河杏奈(白石聖)の頑張りを、先輩社員の小原マリ(佐野ひなこ)渡辺芽衣(徳永えり)は「頑張ってる子はまぶしい〜!」「いや〜直視できな〜い!」と彼女を褒めます。

大学とインターンのみならず、泉美に憧れてオタ活も精力的に行ったり、航へ気持ちを伝えようと恋愛面でも努力を怠らない杏奈のフレッシュさ、エネルギッシュさには感心してしまいますよね。
コロナ禍にありおうち時間も増えることでなんとなく時間を消費してしまいがちですが、どんなことでも杏奈のように前向きに取り組んでいきたいものです。
またやはり『推しプリ』ならではの観点として、このセリフは直視できないくらいまぶしい、みなさんの推しのことも彷彿とさせたのではないでしょうか? 推しがまぶしく輝いているのは彼らが日々頑張っているからこそ……推しをより一層応援しようと感じさせてくれる言葉でもありました。

「つまり恋愛っていうのはいわば織物」

34 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません