比嘉愛美ドラマ『推しの王子様』感想 第4話、推しの炎上が痛い…!オタクの胸に刺さる言葉とは

掲載/更新 0
比嘉愛美ドラマ『推しの王子様』感想 第4話、推しの炎上が痛い…!オタクの胸に刺さる言葉とは
比嘉愛美さん、渡邊圭祐らが出演するドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)。胸を打つ名言の数々に話題沸騰中の本作、“推し活”“推し事”にスポットが当たった第4話では共感間違いなしのセリフが続々。特に2.5次元ファンは必見です……!あらすじを踏まえ、みんなが特に心を打たれたポイントをご紹介します。※ネタバレにご注意ください
IMAGE
フジテレビ系にて放送がスタートした新ドラマ『推しの王子様』、通称『推しプリ。8月5日(木)に放送された第4話では“推し事”が理解し難いという五十嵐航(渡邊圭祐)のため、日高泉美(比嘉愛美)は彼が夢中になれるものに出会うきっかけを作ろうとします。一方、渡辺芽衣(徳永えり)の推しが炎上!?

今回は“推し”に関する名言が次々飛び出しました。2.5次元ファン共感必至のセリフとは……?

『推しの王子様』フジテレビ公式サイトより

『推しの王子様』フジテレビ公式サイトより

「徳を積んどいてよかった〜!」

“推し活”を推奨しているペガサス・インクでは、観劇のための早退もOK!
ということでこの日、推しの2.5次元俳優、三上悠太(仲村宗悟)が出演するミュージカルを観に行く予定の渡辺芽衣(徳永えり)は上機嫌。なんでもチケット争奪戦で粘りに粘って、全ステ(全通)できることになったそう。

ゴミ拾いや人助けなど善行を重ねたおかげでチケットを勝ち取れたのだという芽衣は「やっぱり徳を積んどいてよかった~!」と一言。

実はこの「徳を積む」という言葉、オタク――特に2.5次元ファンの間ではよくつかわれる用語なのです。
今や大人気コンテンツとなった2.5次元の舞台やミュージカル。
「良席のチケットが欲しい」「推しの立ち位置に近いところで観たい」ファンの多くがそんな願いをこめて熾烈なチケット争いに参加しています。運が重要になるこの戦いでは普段の行いが左右される……と考えているオタク女子は多いよう。
そこでより幸運を授かるように、善行を積む(=徳を積む)ことを心掛け、チケット争奪戦に臨むのです。

チケット発売時間や抽選選発表が近づくと緊張が走るあの感覚……何度経験しても手に汗握る思いですよね。
芽衣のように願掛けをする気持ちで徳を積み続けるのも大切な心がけかもしれません。

「趣味とか好きなことって人から与えられるもんじゃないだろ」

35 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません