神木隆之介が演じた多彩なキャラ4選。子役時代から高く評価される実力派

掲載/更新 0
神木隆之介が演じた多彩なキャラ4選。子役時代から高く評価される実力派
数々の賞を受賞するなどその実力が高く評価されている神木隆之介さん。彼は『ホリック xxxHOLiC』や『バクマン。』などの漫画原作作品にも数多く出演しています。そこでこれまでに演じた幅広い2次元キャラをご紹介!
IMAGE
子役時代から活躍してきた芸歴20年越えの名優・神木隆之介さん。
そんな神木さんは二枚目キャラも三枚目もなんでも演じ分ける若きベテランであり、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』広瀬康一役や『ホリック xxxHOLiC』四月一日君尋役など、漫画やアニメ原作作品にも数多く出演してきました。

神木さんと言えば真面目な役が多い印象がありますが、実は幅広い性格のキャラクターを演じることができる実力派。
そこで、神木さんがこれまで演じた多彩な2次元キャラを振り返ります。

『神木隆之介のMaster's Cafe 達人たちの夢の叶えかた』(マガジンハウス)

『神木隆之介のMaster's Cafe 達人たちの夢の叶えかた』(マガジンハウス)

『バクマン。』高木秋人(シュージン):意外にもお調子者役がハマった

ジャンプで連載されていたマンガが題材の人気マンガ『バクマン。』。その実写化が佐藤健さんと神木さんW主演と発表された時、ネットでは原作のビジュアルイメージなどから、作画担当の真城最高(サイコー)が佐藤さんで、原作担当の高木秋人(シュージン)が神木さんというキャスティングに関して当初は「逆じゃないか?」という意見が相次ぎました。
原作ファンの神木さん本人も、オファーを受けた際は自分がサイコー役だと思っていてびっくりしたそうですが、結果としてこれまでのイメージとは違うちょっとお調子者のアイデアマンでサイコーをマンガの世界に誘うシュージン役も、しっかりはまり役となったのです。

5歳の年の差を感じさせない佐藤さんとの「相棒感」、『るろうに剣心』で斬り合っていた者同士とは思えません。

Blu-ray『バクマン。』

Blu-ray『バクマン。』

原作から恋愛要素を極力減らした実写版『バクマン。』において、本当に掛け値なしに「漫画が好き」という気持ちが噓偽りなく出せる神木さん(マンガ好きとして有名)が、シュージンが迸る情熱で話を引っ張り、サイコーに火をつけていくドライブ感が大きな見どころ。

また、サイコーが過労で倒れたのを見舞った後に、シュージンが涙を流す場面は原作通りの名シーンとなりました。ラストの爽やかさもこのコンビゆえでしょう。

『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最後編』瀬田宗次郎役:怪しい笑みと強者感…!

27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません