美形かつ演技派!実写映画のイケメン“バイプレーヤー”4選。伊勢谷友介、山田裕貴etc.

掲載/更新 0
美形かつ演技派!実写映画のイケメン“バイプレーヤー”4選。伊勢谷友介、山田裕貴etc.
コスプレにならないよう、演技力とビジュアルを求められるマンガやアニメの実写作品。とくに強烈な個性を放つ“バイプレーヤー”に注目します。
マンガ、アニメの実写映画では、非現実的世界観を再現するためにさまざまな工夫が凝らされます。そして、下手したらただのコスプレになってしまいそうなキャラの役をやるために、それに耐えうるだけの演技力&ビジュアルの俳優を起用する必要があります。

特に主演作が多い吉沢亮さんや菅田将暉さんに山田涼介さんや山﨑賢人さん、土屋太鳳さん、橋本環奈さん、長澤まさみさんのほか、「この人、主演以外でよく実写映画出てるな~」と思う、強烈な個性のバイプレーヤー俳優4人をご紹介します。

本郷奏多:クセつよなイケメン役はお手の物

本郷奏多さんは実写映画版『テニスの王子様』やドラマ『アカギ』など、主演も多くやっていますが、それ以上にクセのある脇役で数々の実写作品に出演しています。

『NANA2』のシン、『GANTZ』の西丈一郎、『氷菓』の関谷純、『鋼の錬金術師』のエンヴィー、『いぬやしき』の安堂、『嘘喰い』の目蒲鬼郎…などなど、それぞれクセ強なイケメンキャラをかなりの再現度で演じており、実写化を嫌がりがちなマンガファンでも「本郷奏多がいるなら安心」という声も上がるほどです。

そんな彼が特に異彩を放ったのが、歴史バトルマンガの実写版『キングダム』に出演した時。のちの始皇帝となる嬴政(えいせい)に反旗を翻した王弟・成蟜(せいきょう)を演じ、その端正な顔が原作通り醜悪に歪んで見えるほどの怪演を見せています。

冷酷な笑い方や追い詰められた時の小者感など完璧でした。成蟜はのちに頼れる味方になるので、実写化でそのくだりまで行けるかは不明ですが、ぜひまた本郷さんに演じてほしいものです。

伊勢谷友介:まるで二次元キャラ!抜群のスタイル

映画初主演作として『CASSHERN』に出演して以来、定期的に実写映画に出続けている伊勢谷友介さん。

その日本人離れした整った顔と抜群のスタイル、独特の低温ボイス、鋭すぎる眼光など、そもそもの存在感が2次元っぽい彼は、『カイジ2 人生奪回ゲーム』の一条や、『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』の四乃森蒼紫、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の空条承太郎、その他さまざまな作品のイケメン2次元キャラをスクリーンに再現させてきました。
25 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません