ARP『KICK A’LIVE2』ライブレポート【PART2/拡張編】|MCトークも充実

ARP『KICK A’LIVE2』ライブレポート【PART2/拡張編】|MCトークも充実
イケメンARアーティスト集団『ARP』の2019年初ライブ『KICK A’LIVE2』。レポートのPART2では、PART1では収まりきらなかったMCの様子をメインにお届けします。“2次元”のパフォーマーでありながら、観客とコミュニケーションを深める彼らの姿に注目です!

書き初めに込めた想い

ARP 横浜 ライブ レポート『KICK A’LIVE2』numan 23

▲コチラがメンバー全員の直筆の書き初めです。ひとりひとりの個性が溢れ出ていますね!

最初のMCコーナーでのトークテーマとなったのは、エントランスに飾られた書き初めの漢字です。

シンジが書いた漢字は『新』。その理由について、「僕の中では去年8月に開催したKICK A’LIVEの影響が大きい」と昨年2018年のライブを振り返りつつ「1曲目にパフォーマンスした4人曲の『Paradise』や、このあと聴いていただく4人での新曲『It’s Show Time!』で、ARPが新章に入った感じがする」と語っていきます。

『始』と書いたレイジも、「去年のKICK A’LIVE以降、ARPも加速してきた印象がある」と、シンジ同様、昨年8月のライブで手応えを感じた様子を見せつつ「いよいよ始まるぞという期待感込みでこの漢字にした」とのこと。

続いてレオン『紡』という漢字がモニターに映し出されると会場からは「かわいいー!」との歓声があがる中、「KICK A’LIVE以降、4人の曲をよくやるようになって、ARSのみんなとも掛け合いをすることが増えた。もっとみんなと繋がりたいなっていう気持ちを込めて“紡”」と説明。
そして、実はこの漢字、よく見ると紡の糸編の下部分が“レオン”となっているという遊び心を入れたことも満面の笑みで明かしてくれました。  
38 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

2019-01-17ぴあぴあ

PART1~2と読ませていただきましたが、とても丁寧で臨場感のあるレポでした!
たっぷり書いて下さって感謝です!
これからもARPをよろしくお願いします!

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは