『ポケモン』から学んだ“好き”を貫く大切さ。多様性の時代にあの言葉が響く

掲載/更新 0
『ポケモン』から学んだ“好き”を貫く大切さ。多様性の時代にあの言葉が響く
全世界で愛されるゲーム『ポケットモンスター』シリーズ。『金・銀』のなかで小川満鈴さんの心にある名言が響いたと言います。多様性や個性を重視される現代だからこそ、胸に刻みたい言葉とは?
IMAGE
幼いころから大人なるになるまで、ずっと私たちの身近にある漫画やアニメ。
キャラクターが発した台詞が心から離れない、という経験をした人は多いのではないでしょうか。

作品の“名言”を振り返る本シリーズ。
今回は1996年より発売され、いまや全世界での人気を誇るゲーム『ポケットモンスター』シリーズから心に響いたフレーズをご紹介します。
セーラームーンを筆頭に、90年代コンテンツを愛する小川満鈴さんに影響を与えた言葉とは?

DVD『ポケットモンスター金銀編 第1集 第1巻』

DVD『ポケットモンスター金銀編 第1集 第1巻』

「つよいポケモン よわいポケモン そんなの 人のかって ほんとうに つよい トレーナーなら
好きなポケモンで かてるように がんばるべき」


これは1999年に発売されたゲーム『ポケットモンスター金・銀』の中に出てくるセリフです。
ものすごく素敵なことを言っているのではありますが、この言葉の中には明らかな矛盾のようなものも含まれているのにお気づきになるかと思います。
ただし、確かに人間というのはアレコレ、誰が好きっていうから、誰が使っているから、だけでなく、自分が本当に素敵、良いと思ったものを大事にし続ければその人だけの価値になるという意味にも取れます。

今の時代、メディアに流されて、次々に流行りが生まれては消えていきます。それに左右されないで生きること、選ぶことの大事さも教わりました。

好きなものを貫くことの大切さ

私は例に漏れず幼少期の頃からポケモン大好きで、ゲーム以外のグッズも結構集めているのですが、人生にとっての大事なことをポケモンから学んだなあ……と振り返ることが結構あります。
今回はその一つであります、「あるセリフ」をご紹介させていただきます。これは『ポケットモンスター金・銀』の中に出てくるセリフです。

「つよいポケモン よわいポケモン そんなの 人のかって ほんとうに つよい トレーナーなら
好きなポケモンで かてるように がんばるべき」
22 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません