【第2回】“象牙の塔”はマンガじゃなくて文章!?──画業50周年 マンガ家・竹宮惠子先生インタビュー(2/3)

【第2回】“象牙の塔”はマンガじゃなくて文章!?──画業50周年 マンガ家・竹宮惠子先生インタビュー(2/3)
マンガ家竹宮惠子先生。『風と木の詩(ウタ)』『地球(テラ)へ...』など、竹宮先生が世に送りだされた数々の作品は、連載開始から40年を経た今なお大勢の読者をトリコにし、読まれ続けている不朽の名作です。2000年からは、京都精華大学芸術学部マンガ学科(現マンガ学部マンガ学科)の専任教授に就任。2014年からは同大学の学長も務められています。そしてなんと今年(2017年)は、マンガ雑誌『COM』に竹宮先生の作品が掲載された1967年から数えて50年、“画業50周年”という節目の年でもあります。マンガ家として、教育者として、これまでの軌跡を振り返りつつお話を伺いました。

竹宮惠子先生インタビューの第2回目をお届けします。(全3回)
マンガ家から教授へ、片側に放っておいたもう一つの仕事に主軸を移し、さらに教授から学長へ──。マンガを教育するとは? 学術の世界で初めて分かったこととは?
これから大学を選ぶ人にはもちろん、学生じゃなくてももう一回大学に入りなおしたくなる? ユーモラスで魅力にあふれたトークをお楽しみください!


関連記事はこちら
【第1回】“自分が今一番興味あることに忠実に”──画業50周年 マンガ家・竹宮惠子先生インタビュー(1/3)
【第2回】“象牙の塔”はマンガじゃなくて文章!?──画業50周年 マンガ家・竹宮惠子先生インタビュー(2/3)
【第3回】“アナログが伝える説得力”──マンガ家・竹宮惠子先生インタビュー(3/3)

マンガの必要性が私を育ててくれた

──マンガ家から大学教授になるにあたって、他人とのコミュニケーションの取り方は変わりましたか?

竹宮 私自身は、マンガ家になる前はとにかく言葉の少ない人間で、誤解されまくりというか、何を考えているか全然わからない人間だったのです。私だけに限らず、自分で充分に話せないからとにかくマンガを描く、マンガ家を目指すという人がほとんどだと思います。
ただ、ひたすらマンガを描いていくと、それ以外のところでやらなくてはならないことが出てくる。例えば『風と木の詩』は、雑誌に載せるために、たくさんの編集者と会って説得する必要がありました。

――いわゆる”モチコミ”をなさったのですね。

竹宮 そのおかげで、少なくとも編集者と会話ができるようになったので、マンガにおける必要性が私を育ててきてくれた、と思っています。
結局、自分の好きなことのためだったら何でもできる、ということでしょうね(笑)
編集者たちに否定されても、自分が引っ込めたらそこで終わりじゃないですか。だから“いいえ”と言わないと駄目だ、ということを、説得を進める中で学んだと思います。

──大学では、学科としてのカリキュラムをまとめる必要もあるかと思います。どのように作り上げたのでしょうか?

竹宮 学科を構成するストーリーマンガの描き手としては自分が看板でもあり、一番年長でもあったので、後輩の先生と二人で、ああでもないこうでもないと話をしつつ組み立てていきました。
新しい先生には、一からカリキュラムを説明して、全部理解していただいてから授業に参加してもらう、という方法をとりましたね。中でも一番よかったことは、一人一人に任せていないことでした。
全体が一緒になって一つのカリキュラムを構成しているので、一人が授業を受け持って、勝手にそこで終了することができない。他の先生に筒抜けなので、学生に対して「この言い方は良くない」なんてことが、すぐばれてしまう(笑)。

──密室ではなくオープンな授業体制になさったのですね。

竹宮 そのやり方を構築したのが、ストーリー分野(現マンガ学部ストーリーマンガコース)が一つになるいい方法だったと思います。

──さまざまな講師の方がいらっしゃいますが、どのように招聘されたのですか?

竹宮 自分の好みで集められるほど知り合いは多くないですから(笑)、他の人が紹介してくる人をどうやってまとめていくかに専念していましたね。
やはり大学の場合は人の出入りが常にあるので、むしろ新しい人が来た時にどうするか、新しい人が来ても、授業が同じように続けていけるというシステムを作るのが大事だなと考えていました。

──仕組みづくりですね。マンガ家のお仕事とは全然違いますか?

竹宮 いえ、アシスタントに関しても、同じ考えをしていましたね。システマティックに作り上げていく仕事の仕方、という点は同じです。
いつも同じ子が入れるとは限らないので、入れ替わりがあっても同じ成果が出せるようにしていました。
一日に仕上げるべき枚数はこれだけ、って張り出したり。
仕事を漠然と考えず、何枚仕上げられるという確実性がないとビジネスにはならない、という話をアシスタントにもよくしていましたね。
マンガは家内制手工業で、アシスタントはみんな若いし、自分の興味があることに走っちゃうし、アイドルの追っかけをしている子もいましたから、そこで私がずいぶん訓練されました(笑)。

逆境というのは楽しむこと──

13 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは