【第3回】“アナログが伝える説得力”──マンガ家・竹宮惠子先生インタビュー(3/3)

【第3回】“アナログが伝える説得力”──マンガ家・竹宮惠子先生インタビュー(3/3)
マンガ家竹宮惠子先生。『風と木の詩(ウタ)』『地球(テラ)へ...』など、竹宮先生が世に送りだされた数々の作品は、連載開始から40年を経た今なお大勢の読者をトリコにし、読まれ続けている不朽の名作です。2000年からは、京都精華大学芸術学部マンガ学科(現マンガ学部マンガ学科)の専任教授に就任。2014年からは同大学の学長も務められています。そしてなんと今年(2017年)は、マンガ雑誌『COM』に竹宮先生の作品が掲載された1967年から数えて50年、“画業50周年”という節目の年でもあります。マンガ家として、教育者として、これまでの軌跡を振り返りつつお話を伺いました。

竹宮惠子先生インタビュー最終回をお届けします。(全3回)
マンガ業界の現状から、アナログという描き方が伝える力とは? さらには学長以降のお話まで盛りだくさんのトークをご堪能ください。
おまけに竹宮先生が学長を務める、京都精華大学マンガ学部にもお邪魔してきましたので、その様子も少しだけお届けします!


関連記事はこちら
【第1回】“自分が今一番興味あることに忠実に”──画業50周年 マンガ家・竹宮惠子先生インタビュー(1/3)
【第2回】“象牙の塔”はマンガじゃなくて文章!?──画業50周年 マンガ家・竹宮惠子先生インタビュー(2/3)
【第3回】“アナログが伝える説得力”──マンガ家・竹宮惠子先生インタビュー(3/3)

教授から学長へ──4年という任期の中でやれたことやれなかったこと

──2014年に京都精華大学の学長になる、と決断された時はどのようなお気持ちでしたか?

竹宮 大学の中で、マンガ学部は確実に入学希望者を見込める分野だという背景もあって、投票で学長に選ばれたのです。得票数がもう、これは退いちゃだめでしょうというくらいの数だったので、その数に説得されて、「なります」とお引き受けしました。

──実際に学長になってからはいかがですか?

竹宮 そんなに甘くなくてですね、大学は(笑)。4年という限られた任期ですからいろいろ急がなくてはならず、大学を改革することに費やさざるを得なかったという事情もありますが、学長になったときに進めたい、と思ったことは私自身どれ一つとしてできていないのです。

──厳しいご認識ですね! 具体的にはどのようなことをお考えだったのでしょうか? 

竹宮 私は機能マンガ(※1)と呼んでいますが、マンガの機能を使いこなす人たちを作りたい。そのための教育システムも作りたい。さらに大学が利益を得られるような形も作りたい、と思っていましたが、学生たちが育たないとできないので、なかなか難しい。他にも、もっと世界と結びつくようなことがしてみたかったですね。
でも、できなかったということは、まだやるべきではないということだと思っています。必要があればまた何かのチャンスはあるだろうとも考えています。

(※1)機能マンガ……竹宮惠子先生が提唱する、マンガの持つ表現力・伝達力という機能を最大限に発揮し、能動的に研究・報告者として調査探究し客観的に描写することを目標とするマンガのこと。

アナログがもつ力──一枚のイラストが伝える説得力

22 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは