【前編】『ヒプノシスマイク』駒田航さん×神尾晋一郎さんインタビュー――ワルくて可愛いヨコハマ・ディビジョンの魅力とは

【前編】『ヒプノシスマイク』駒田航さん×神尾晋一郎さんインタビュー――ワルくて可愛いヨコハマ・ディビジョンの魅力とは

男性声優12人によるラッププロジェクト『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』。”イケブクロ”、”ヨコハマ”、”シンジュク”、”シブヤ”4つのディビジョンに分かれてラップバトルを行います。現在ファン投票によって勝敗が決まる”Battle Season”が開催中。今回はイケブクロとバトル真っ只中のヨコハマディビジョンから、声優の駒田航さん(入間銃兎役)と神尾晋一郎さん(毒島メイソン理鶯役)にインタビューを行いました。前編の今回は作品やキャラクターについてのお話を中心にうかがいました♪

ラップ音楽を原作とした『ヒプノシスマイク』の人気はとどまるところを知らず、2018年4月にYouTubeにて公開されたオールスターによるアンセムソングは、7月現在で300万回再生超! 5月16日に発売された”イケブクロVSヨコハマ”のバトルCD『Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW』は、iTunesのアルバム総合チャートで1位を獲得しました。

7月18日には、シブヤVSシンジュクの最新CD『Fling Posse VS 麻天狼』もリリースされ、8月26日のライブに向けてますますの盛り上がりを見せています!

そんな大注目コンテンツ『ヒプノシスマイク』から、今回はヨコハマ・ディビジョン”MAD TRIGGER CREW”のメンバー、入間銃兎(いるまじゅうと)役の駒田航さんと毒島メイソン理鶯(ぶすじまめいそんりおう)役の神尾晋一郎さんにお話をうかがいました。

MAD TRIGGER CREW

MAD TRIGGER CREW(ヨコハマ・ディビジョン)
【真ん中】碧棺左馬刻(あおひつぎ さまとき CV:浅沼晋太郎)……MAD TRIGGER CREWのリーダー。ヨコハマ界隈を生業にしているヤクザ。
【左】入間銃兎(いるま じゅうと CV:駒田航)……あらゆる悪事をはたらく汚職警官。
【右】毒島メイソン理鶯(ぶすじま めいそん りおう CV:神尾晋一郎)……軍人。料理が得意だが常人には理解できないセンス。
現在ファン投票による”Battle Season”でイケブクロディビジョン”Buster Bross!!”とバトルの真っ最中!

駒田航

プロフィール
駒田航(こまだ わたる)
9月5日生まれ、ドイツ連邦共和国出身
趣味・特技 英会話、カメラ
主な出演作品 『アイドルマスターsideM』古論クリス役など

神尾晋一郎

プロフィール
神尾晋一郎(かみお しんいちろう)  
1月13日生まれ、北海道出身  
趣味・特技 マジック(プロ)、モノマネ、ボクシング  
主な出演作品 『あんさんぶるスターズ!』鬼龍紅郎役など

いかにもラップしなさそうなキャラクターがよかった――演じるときに意識していること

――『ヒプノシスマイク』に出演することが決まったときの気持ちを聞かせて下さい。

神尾晋一郎(以下、神尾) オーディションを受ける前にキャラクターの資料を見て、僕がやるとしたら銃兎か理鶯だなと思いました。低音が似合いそうなのが彼らだったので。オーディションで歌う課題曲も、アピールになるかなと思って1オクターブ下げて歌ったんです。無事に決まったときは嬉しかったですね。『ヒプノシスマイク』の世界観も好きですし、本当に嬉しかったです。

駒田航(以下、駒田) 僕は英語が話せそうなキャラクターがいいなと思ったので、理鶯がやりたかったですね。名前からハーフっぽいじゃないですか。でもラップを歌う時点でどのキャラクターでもある程度英語は使うと思うので、理鶯にこだわらなくてもいいかなとも思ったんですよ。そこでオーディション用のセリフを読んだら、理鶯より銃兎のほうが圧倒的に把握しやすくて、性格も含めて演じやすかったですね。

神尾 そういうのはありますね。

駒田 ”シブヤディビジョン”の帝統も気になりましたが、逆にいかにもラップしなさそうなキャラがいいなと思ったんですよ。アングラな世界で生まれたヒップホップの文化を、どちらかと言えばそれを正す側の警官である銃兎がやるとどうなるんだろうって。こうしてご縁あって選んでもらえましたが、独特な世界観をもつ作品なので今後の展開がどうなるか楽しみでしたね。
――キャラクターを演じるにあたって特に意識している点はありますか?

駒田 銃兎は普段のニヒルな面と、ラップでハイテンションに相手をディスっているときの二面性があるキャラクターなので、そこを強調したいと思いました。最初にドラマCDを収録したときは、まず僕なりの銃兎を自由にやらせてもらって、普段は性格の悪そうな喋り方をします、ラップする時は豹変してアガらせてもらいます。というように、銃兎の普段の状態とラップするときの差をどのように明確に出すかは凄く考えました。  

神尾 理鶯は軍人で年齢も高めでハーフ、というキャラクターです。普段の会話は日本語で淡々と喋って、ハーフ感はラップで出すように意識しています。日本語で歌っているんだけど英語っぽく聴こえるような、でもちゃんとリリックは刺さるなみたいな。そういうニュアンスになるように意識しています。特技の料理についての設定は、最初は詳しく決まっていなかったと思うんですが、オーディオドラマで料理の全貌が明らかになって「ああ、上手いんじゃなくてそっちね!?」って。

駒田 想像したよりひどかったですよね(笑)。

神尾 理鶯は感情があまり出ないけど、可愛いところもありますよね。左馬刻と銃兎のケンカを仲裁する聖母のような。幼女とも言われてるみたいですけど。って、誰が幼女や(笑)。

駒田 あのサイズで幼女要素が……!

神尾 2人に料理を食べさせてあげたいっていう気持ちとか、料理をしているときだけちょっと喜んでいるんだな、っていうのが分かってもらえればいいなと思って演じています。
――”MAD TRIGGER CREW”のリーダー、碧棺左馬刻様はどういう存在ですか?

神尾 左馬刻は元The Dirty Dawg(注1)のメンバーで伝説的な存在ですけど、理鶯にとっては山に乗り込んできたイノシシみたいなものです。そこからバトルマンガよろしく、一緒に戦った際に左馬刻からもらった恩は一生かかっても返す、という関係が一枚目のオーディオドラマでできたのかなと。最初の食事のシーンで仲良くなりましたしね。左馬刻はMAD TRIGGER CREWにいて当然の存在です。末っ子の左馬刻がいて、母としての兄(銃兎)と幼女としての兄(理鶯)がいて。

駒田 兄としての役割を果たせていないですけどね(笑)。銃兎と左馬刻の関係で言うと、ドラマの中で2人がブチ切れ合うシーンが必ずあるんですけど、一回目より二回目のほうが流れが掴めてきましたね。銃兎って普段部下たちをクールにアゴで使ってそうですけど、対左馬刻になると感情的にブチ切れるっていう。収録のときはマイクのレベルマックスまで上げて怒鳴りまくってますから。

神尾 ほんと小学生だよね、2人とも。お腹空いてるんだろうな~って。  

駒田 だから料理持ってきちゃうんでしょうね(笑)。左馬刻は、キレてるところだけ切り取るとただのイケメンのお馬鹿さんだけど、浅沼(晋太郎)さんが凄く考えて演じられていて。左馬刻が抱えている過去だったり、(イケブクロの)一郎に対しては絶対一ミリも譲らない部分とか、銃兎のことを信頼しているけど、触れちゃいけない面にはタブーとして触れてないところとかがちゃんと見える。
演技的な面で急な温度変化とかアクセルの掛け方もさすがなので、それに乗っからせてもらっている部分もありますが、左馬刻の存在感に負けないようにしたいですね。仮に左馬刻がいない場面でも、銃兎を見ただけでヨコハマには勝てないなって思わせるくらいの怖さを出していきたいです。

神尾 そういえば理鶯と銃兎の出会いについてはまだ描かれてないので、気になるよね。

駒田 そうなんですよね。今回のCD(『Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW』)では何でこんなに信頼しているのかってくらい、仲良くしてますもんね。
43 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!