橋本真一×山本一慶「お互い寂しかったよね」 舞台『メサイア -黎明乃刻-』対談【第三回】

橋本真一×山本一慶「お互い寂しかったよね」 舞台『メサイア -黎明乃刻-』対談【第三回】
【第三回はこちら!】人気シリーズ『メサイア』の「刻(とき)シリーズ」が遂に完結! 最後を飾る『メサイア -黎明乃刻-』に出演する橋本真一さんと山本一慶さんにインタビューを決行。第三回目の本記事ではプライベートまで直撃!
IMAGE
■関連記事■
【第二回】山本一慶「小暮(橋本真一)は何回捕まるんだよ!(笑)」舞台『メサイア -黎明乃刻-』対談

高殿円さんによる小説「MESSIAH - 警備局特別公安五係」を原作とした「メサイア」シリーズ。
その最新作にして、3年に渡って描かれてきた「刻(とき)シリーズ」の完結作となる、舞台『メサイア -黎明乃刻-』が2019年9月より東京・大阪にて上演されます。

小暮洵(橋本真一さん)と、そのメサイアである雛森千寿(山本一慶さん)を中心とした物語が描かれる今作。
そこで橋本さん&山本さんに2ショットインタビュー! 【第三回目】の本記事ではプライベートまで伺いました。

橋本真一×山本一慶 舞台『メサイア -黎明乃刻-』インタビュー後編 写真1

(左)山本一慶さん、(右)橋本真一さん

「プライベートでもずっと一緒にいるんですよ」(山本さん)

――小暮・雛森の関係も、今作でひとつのエンディングを迎えることになると思いますが、橋本さん&山本さんの関係にも何か変化は起こりそうでしょうか?

橋本真一さん(以下、橋本) でも、これ以上近づいたら「どんだけ一緒にいるねん!」っていう話だよね(笑)。

山本一慶(以下、山本) 結構、プライベートでもずっと一緒にいるんですよ(笑)。

――今までの稽古場でも、空き時間などは2人で一緒にいることが多かったですか?

橋本 そうですね。ただ、『黄昏の荒野』ではちょっと距離を置いていて……。

山本 寂しかった。

橋本 いや、僕も寂しかったから(笑)。お互いに寂しかったんですけど、脚本でも一緒にいるシーンがほとんどなかったので、そういう意味でもいつもより少し話す機会が減ってしまって……。

山本 あれ、意識的じゃなかったの?

橋本 ちょっと意識していたけど(笑)。

山本 でしょ!? 真一って、そういうとこあるんですよ! 正義の味方役をやるなら、悪役の人とは仲良くしないようにしようとするタイプでしょ?(笑)

橋本 いや、違う! 前は全然気にしなかったんだけど、小暮を演じているうちに、そういう風になってきたの。今回は特に、北方連合に行く芝居が自分の中に入っていくにつれて、だんだん一慶と話したくなくなってきている自分がいて。
16 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは