山本一慶「小暮(橋本真一)は何回捕まるんだよ!(笑)」舞台『メサイア -黎明乃刻-』対談【第二回】

掲載/更新 0
山本一慶「小暮(橋本真一)は何回捕まるんだよ!(笑)」舞台『メサイア -黎明乃刻-』対談【第二回】
【第二回はこちら!】人気シリーズ『メサイア』の「刻(とき)シリーズ」が遂に完結! 最後を飾る『メサイア -黎明乃刻-』に出演する橋本真一さんと山本一慶さんにインタビューを決行。第二回目の本記事では見どころを伺います。
IMAGE
■関連記事■
橋本真一「雛森(山本一慶)を想っていたかった」 舞台『メサイア -黎明乃刻-』対談【第一回】

高殿円さんによる小説「MESSIAH - 警備局特別公安五係」を原作とした「メサイア」シリーズ。
その最新作にして、3年に渡って描かれてきた「刻(とき)シリーズ」の完結作となる、舞台『メサイア -黎明乃刻-』が2019年9月より東京・大阪にて上演されます。

小暮洵(橋本真一さん)と、そのメサイアである雛森千寿(山本一慶さん)を中心とした物語が描かれる今作。
そこで橋本さん&山本さんに2ショットインタビュー! 【第二回目】の本記事では見どころを語っていただきました。

橋本真一×山本一慶 舞台『メサイア -黎明乃刻-』インタビュー中編 写真1

(左)山本一慶さん、(右)橋本真一さん

「雛森の言葉が小暮に届くのか、そこが一番の見どころ」(山本さん)

――前作『黄昏の荒野』では、北方連合が中心のストーリーではありつつも、小暮が北方連合に記憶を消されて連れ去られてしまうという衝撃の展開がありました。この脚本を読まれた時に、お2人はどう思われましたか?

橋本真一(以下、橋本) うーん、僕自身は……ちょっと予感していたというか。驚いたのは驚いたんですけど、これだけ捕まっていたら、まぁいつかはそうなるよなっていう(笑)。

山本一慶さん(以下、山本) もう本当、小暮は何回捕まるんだよ、っていう! おっちょこちょいが過ぎる! “おっちょこぐれ”ですよ(笑)。

橋本 僕の意思じゃないですから!(笑) でも、こんな日も来るんじゃないかって少し予感していたところもあって、的中と言うほどではないですが、「こうなったか」っていう感じでした。

――小暮を連れていかれてしまった側の、雛森としてはいかがですか?

山本 やっぱり小暮も抱えているものは大きくて、精神的な迷いや弱さを持っていると思うので、今後はその葛藤が描かれていくのかな、って僕は思っていたんです。それが北方連合に連れていかれてしまったので、そこは予期していなかったかな。

ただ驚きながらも、精神的な戦いというよりは、物理的に引き離されてしまったこの2人が、今後どうなってしまうのかが気になって。

橋本 そうなんだよね! 立ち位置として、北方連合になってしまうっていうのはすごく大きい。……小暮、どうする!?

山本 まず居場所が北方連合になるっていう時点で、精神的な葛藤だけでなく、小暮を奪還しなきゃいけないっていう問題も、雛森は解決しないといけないんですよね。

橋本 それに単純な話、心と心のぶつかり合いができなくなっちゃったよね。

山本 そう! だって隣にいないから、会話もできないんだもん。
橋本 だからある意味では、『黄昏の荒野』は気持ちとしては楽だったんですよ。捕まるまでの時点では、小暮は雛森との関係には迷いがないんですよね。その上で北方連合に連れ去られた後は、記憶を消されて小暮ではなくなっているので、だからこそ雛森を攻撃することもできたわけで。

次のストーリーがどうなるかは分からないですけど、前作の時点では人格が変わってしまったという考え方だと、小暮として抱えていた葛藤がそこにはないので、ちょっと楽というか。

山本 雛森と小暮って、お互いに本当に空振りしているよね。雛森はすごくダイレクトに、小暮に気持ちを伝えようとしているけど、それはもう小暮ではなくて。この空振りってすごく辛いし、どう展開したらこれから空振りせずに伝わるんだろうっていうのは、僕自身も楽しみではあるけど、今の2人の状況考えるとすごく難しい。

橋本 これがもし、小暮が自分の意思で北方連合に行ったんだとしたら、また全然違ったと思うんです。

山本 うん。それだったら全然、雛森も小暮に対して言いたいことを言えると思う。

橋本 でも強制的に連れていかれて、人格も変えられちゃっているから。言葉がそのまま届かない。

山本 そこがどう転がっていくか、雛森の言葉は小暮に届くのか。ここが一番の見どころになるんじゃないかなって思います。このままではまず話が伝わらない相手に、どう向き合っていくのか……その描かれ方に、僕も期待しています。

次作でのアクションはフライング!?

――『メサイア』シリーズといえば、アクションシーンも大きな見どころ。今作でも、お二人にはアクションシーンの大きな見せ場が用意されているのでは?

山本 やっぱり、小暮のフライングが見られますかね?(笑) 上から“シュュ~~ッ”って。

橋本 アハハ! 北方連合に行った小暮には、絶対にないと思う(笑)。

山本 わかんないよ!? 体を改造されて、空も飛べるようになっているかも。

橋本 超強いじゃん! やりたいよ、それ(笑)。

――ストーリーの中心になるということは、その分アクションシーンも多くなるのではないかと思いますが、この3年間の経験で『メサイア』で課されるアクション量にも馴染んできましたか?

橋本 単純にアクションが占める割合という意味では、色々と鍛えられたと思います。ただこれまでのシリーズを見ても、『月詠乃刻』での柚木小太郎(山沖勇輝さん)や、『黄昏の荒野』でのサリュート(山田ジェームス武さん)のような、作品の中でも大きな意味をもつ激しい戦いは、僕たちはまだ経験していないので……やりたい! 自分を追い込んでみたいです。

山本 やりたいよね。自分自身のことを、あそこまで肉体的にも追い込んだからこそ、役柄にも出てくるものが絶対あると思うんです。『メサイア』をやっているからには、その領域に僕たちも行ってみたいなっていう思いがあります。

橋本 あと次回での小暮に関して言えば、前作で北方連合に行ってからはアクションのやり方を意識的に変えているので、今までとは違う戦い方を見せたいなと思います。そこも、僕にとっては挑戦ですね。
――対して山本さんは、2丁拳銃でのアクションが印象的ですよね。

山本 この2丁拳銃の物語も、どういう風に着地するのか(笑)。「雛森って、なんで2丁拳銃なの?」って結構言われるんですよ。

――実際のところ、山本さんがアイディアを出されたわけではなく?

山本 それが、たまたま2丁拳銃になったんですよ(笑)。雛森が初登場した時のアクションシーンで、舞台の前面に出てきたところで両手に銃を取って“バン、バン”っていうものがあったんですけど、それが観客の皆さんには印象的だったみたいで。

アクション指導の六本木さんも「あれ、評判よかったんだよね」って言ってくださって、それから「これから雛森は2丁拳銃で行こう!」っていう風になったんだと思います。

橋本 六本木さんの中でも、雛森の姿にしっくりきたんだろうね。

山本 で、その後は周りの大人たちからも、2丁拳銃の圧がかかり(笑)。ビジュアル撮影でも、気付けば2丁持つようになっていて……。でも、2丁拳銃って意外と厄介なんですよ。アクションをした後の芝居で、両手が塞がったままなのってすごく緊張感があるんです。

橋本 何かアクシデントがあったときに、使える手がないと対応できないもんね。

山本 前作『黄昏の荒野』での、園とのシーンで特にそう思ったんです。園と会話しながらも両手に銃を持っていて、「この後、もし何か動きがあることに展開したら、俺は何もできない」って。扱いに慣れてはきましたけど、今でも独特な難しさがあります。ただ2丁拳銃でのアクションも、次回はどう生かされていくのか期待してほしいです。
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません