山本一慶「小暮(橋本真一)は何回捕まるんだよ!(笑)」舞台『メサイア -黎明乃刻-』対談【第二回】

山本一慶「小暮(橋本真一)は何回捕まるんだよ!(笑)」舞台『メサイア -黎明乃刻-』対談【第二回】
【第二回はこちら!】人気シリーズ『メサイア』の「刻(とき)シリーズ」が遂に完結! 最後を飾る『メサイア -黎明乃刻-』に出演する橋本真一さんと山本一慶さんにインタビューを決行。第二回目の本記事では見どころを伺います。
IMAGE
■関連記事■
橋本真一「雛森(山本一慶)を想っていたかった」 舞台『メサイア -黎明乃刻-』対談【第一回】

高殿円さんによる小説「MESSIAH - 警備局特別公安五係」を原作とした「メサイア」シリーズ。
その最新作にして、3年に渡って描かれてきた「刻(とき)シリーズ」の完結作となる、舞台『メサイア -黎明乃刻-』が2019年9月より東京・大阪にて上演されます。

小暮洵(橋本真一さん)と、そのメサイアである雛森千寿(山本一慶さん)を中心とした物語が描かれる今作。
そこで橋本さん&山本さんに2ショットインタビュー! 【第二回目】の本記事では見どころを語っていただきました。

橋本真一×山本一慶 舞台『メサイア -黎明乃刻-』インタビュー中編 写真1

(左)山本一慶さん、(右)橋本真一さん

「雛森の言葉が小暮に届くのか、そこが一番の見どころ」(山本さん)

――前作『黄昏の荒野』では、北方連合が中心のストーリーではありつつも、小暮が北方連合に記憶を消されて連れ去られてしまうという衝撃の展開がありました。この脚本を読まれた時に、お2人はどう思われましたか?

橋本真一(以下、橋本) うーん、僕自身は……ちょっと予感していたというか。驚いたのは驚いたんですけど、これだけ捕まっていたら、まぁいつかはそうなるよなっていう(笑)。

山本一慶さん(以下、山本) もう本当、小暮は何回捕まるんだよ、っていう! おっちょこちょいが過ぎる! “おっちょこぐれ”ですよ(笑)。

橋本 僕の意思じゃないですから!(笑) でも、こんな日も来るんじゃないかって少し予感していたところもあって、的中と言うほどではないですが、「こうなったか」っていう感じでした。

――小暮を連れていかれてしまった側の、雛森としてはいかがですか?

山本 やっぱり小暮も抱えているものは大きくて、精神的な迷いや弱さを持っていると思うので、今後はその葛藤が描かれていくのかな、って僕は思っていたんです。それが北方連合に連れていかれてしまったので、そこは予期していなかったかな。

ただ驚きながらも、精神的な戦いというよりは、物理的に引き離されてしまったこの2人が、今後どうなってしまうのかが気になって。

橋本 そうなんだよね! 立ち位置として、北方連合になってしまうっていうのはすごく大きい。……小暮、どうする!?

山本 まず居場所が北方連合になるっていう時点で、精神的な葛藤だけでなく、小暮を奪還しなきゃいけないっていう問題も、雛森は解決しないといけないんですよね。

橋本 それに単純な話、心と心のぶつかり合いができなくなっちゃったよね。

山本 そう! だって隣にいないから、会話もできないんだもん。
17 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは