『ヒプノシスマイク』山田三郎役・天﨑滉平さんインタビュー――可愛い見た目にかなりの毒舌、天才肌の末っ子はもともとブチ切れキャラだった?

『ヒプノシスマイク』山田三郎役・天﨑滉平さんインタビュー――可愛い見た目にかなりの毒舌、天才肌の末っ子はもともとブチ切れキャラだった?
男性声優12人によるラッププロジェクト『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』。12人のキャラクターが4つのチームに分かれてラップで競う領土バトルです。 ”イケブクロ”、”ヨコハマ”、”シンジュク”、”シブヤ”という架空の都市を代表したチームが歌う、特色の異なるラップにハマる人が急増中! 1月21日(日)にはCDリリース記念イベントも決定しています。今回は”イケブクロ・ディビジョン”のメンバー山田三郎を演じる声優・天﨑滉平さんのインタビューをお届けします。
IMAGE

イケブクロ代表の"Buster Bros!!!"は山田一郎(CV:木村昴さん)、二郎(CV:石谷春貴さん)、三郎の3兄弟で構成されたユニットです。三郎は、一郎のことは尊敬しているけど二郎のことは馬鹿にしている生意気な末っ子。天才肌の三郎をどのように演じているのか、また天﨑さんご自身初のラップをレコーディングした感想などを伺いました!

関連記事はこちら
【ヒプノシスマイクまとめ】関連記事リンク集
『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』に込められた想いとは――声優・木村昴さんインタビュー



天﨑滉平

プロフィール
天﨑滉平(あまさき こうへい)
10月22日、大阪府出身。趣味は写真撮影。

主な出演作に、アニメ『アイドルマスター SideM』(東雲荘一郎)、アニメ『剣王朝』(扶蘇)、アニメ『僕のヒーローアカデミア』(物間寧人)、アニメ『徒然チルドレン』(古屋純)など。



山田三郎というキャラクターが出来るまで

――山田三郎というキャラクターを最初に見たときの印象を聞かせてください。

天﨑滉平(以下、天﨑) 最初に思ったのは生意気そうだなコイツでした(笑)。それと今まであまり演じたことのないキャラクターだったので、挑戦だなと思いました。容姿ではオッドアイのキャラクターって昨今珍しいですよね。僕は中二の心がくすぐられて良かったですけど。
あとは名前です。山田一郎、二郎、三郎ってすごいシンプルなのに、他のキャラクターを見たら難しすぎて! 何でこんなに違うんだろうと思ったんですけど、イケブクロというセンター的なグループで王道を突き通す意味で、名前もシンプルで分かりやすいという意図があるのかな、と思いました。

――オーディションでは三郎役を受けたのでしょうか?

天﨑 はい。何人かキャラクターの絵を頂いていて、何となくこの子を演じるんだろうなと思ったのは、実は飴村乱数でした(笑)。

――そうだったんですね。それでは三郎役が決まって、どのようにキャラクターを掘り下げていかれたのでしょうか?

天﨑 本格的に役を作っていったのは、ドラマCDを録らせて頂いたときです。オーディションのときのお芝居とは違って、だいぶ可愛くなっていますね。

――オーディションではどのように三郎を演じられたのですか?

天﨑 もっとブチ切れていました(笑)。「低能が嫌いだ」というセリフもあったんです。お姉さんに「一緒にボードゲームしない?」って誘うんですけど、自分より大したことないとわかったら「低能かよ」というような感じで(笑)。
でもドラマCDの台本を見たら、何だかんだ言いつつ皆家族だなと思って、だんだん三郎が可愛く見えてきたんです。あと、ドラマパートで二郎と三郎が喧嘩するシーンがあるんですけど、二郎役の石谷君と僕の声のトーンが似ていたので、差をつけるために若干可愛くしたという経緯があります。それも相まってか、色々暴言を吐いても可愛らしい感じになったかなと思います。

――なるほど。よく喧嘩をしている二郎と三郎ですが、実際三郎は心の中で二郎のことをどう思っていると思いますか?

天﨑 そうですね、自分が二郎のことを悪く言うのはいいんですけど、他の人に悪く言われたらカチンとくる気がします。そういう意味でも、愛情表現ではないですけど、二郎に突っかかって生意気を言うのが三郎のコミュニケーションの仕方なのかなと。

――天﨑さんと三郎の共通点はありますか?

天﨑 僕は一人っ子なんですけど、「この人いいな」と思ったら、年上とか年下とか関係なく懐いちゃうんです。そういう部分が三郎に似ているかなと思います。尊敬する一兄に対しては素直で従順な感じとか、似た気持ちを僕も先輩に抱くときがあります。

――三郎の趣味はボードゲームやカードゲームですが、天﨑さんはお得意ですか?

天﨑 ボードゲームはあまりしませんが、人生ゲームを遊ぶときは銀行役ですね。札束をいじるのが楽しくて。トランプは顔には出ていないつもりですが、必ず負けます(笑)。心理戦が得意じゃないのかもしれないです。



初めてレコーディングしたラップ――『New star』について

――『New star』をレコーディングした感想を聞かせてください。

天﨑 僕自身ラップの楽曲を録らせて頂くのが初めてだったんですけど、『G線上のアリア』のサンプリング(注1)で、難易度高いなと思いました。最初は口に出さずにひたすら聴いて覚えました。三郎がフロウ(注2)で魅せるタイプのキャラクターなので、それが得意って言えるだけのものにしなきゃいけない。完璧に歌えたら絶対にかっこいい曲なので、全力でやらせて頂きました!

――『New star』の中で特に気に入っているところはありますか?

天﨑 「OK OK 僕は1小節でいいよ~1パンでノックダウン」の部分がセリフ調になっているんですけど、仮歌の段階ではラップだったんです。三郎というキャラクターをどうやって表現しようか考えて、セリフっぽく歌ってみたら(作詞・作曲担当の)三浦さんに面白いと言って頂いてそうなりました。

――「ふとこんな時たまに思うよ 普通の中学生だったらって」という歌詞が三郎の本音っぽいなと思いました。

天﨑 ちょっとアンニュイな三郎が出る歌詞ではありますね。絶対口に出しては言わないけど、心の中ではこう思っているんだなと僕も気がつきました。

――最近お気に入りのHIPHOPソングやアーティストがいたら教えてください。

天﨑 R-指定さんとDJ松永さんのユニット、Creepy Nutsさんが好きですね。最近メジャーデビューしたんですよ。石谷君にもオススメしたら聴いてくれて、2人で同じ曲を歌ったりCreepy Nutsについて語ったりしました。それと、以前からTV番組の『フリースタイルダンジョン』を見ていて、出演者の方の曲を聴いたりします。あと鎮座DOPENESSさんが好きなので聴いています。

――天﨑さんご自身がラップを歌う前と後では、ヒップホップの聴き方が変わりましたか?

天﨑 それはありますね。「この韻の踏み方カッコイイ!」って思ったらメモしたり、日常で使ったりします。オヤジギャグを言う人みたいに。周りの人はポカンとしていますけど(笑)。自分でいいフレーズを思いついたら、うずうずして言いたくなってしまいます。



AGFのステージで感じたこと、今後挑戦したいこと

――『ヒプノシスマイク』で特に気になるキャラクターは誰ですか?

天﨑 やっぱり飴村乱数は気になりますね。かわいこぶりやがってと(笑)。乱数は元々伝説のチームのラッパーで、三郎もラップスキルでは追いつけないけど負けたくないという気持ちがあるんじゃないかなと思うので、気になっています。 あとはBuster Bros!!!の3人は気になるというか、これからもたくさん演じる機会があると思うので、もっともっと3人のことを知りたいなと思います。

――2017年11月に開催された、AGF2017でのライブの感想を教えてください。

天﨑 YouTubeで最初の『ヒプノシスマイク』のPVが出るまでは全く反響が読めなかったんです。声優がラップをやって、しかもそれをメインとして扱う作品が前例としてなかったので、どういう客層の方が喜んでくれるのか、そもそも楽しんで頂けるのかわからなかったです。YouTubeの再生回数が上がったりランキングが上がっても、本当に? とどこか思っていたんですけど、ライブで実際に応援してくれる方を目の前にして、本当だったんだと実感出来ました。

――まわりの方からの反響はいかがでしたか?

天﨑 同業の方からたくさん感想を頂きました。開口一番「ラップやってるらしいね」とか、初めてお会いした方でも「ヒプノシスマイク聴いてます」と言ってくださったり。広く反響がある作品だと思いました。

――今後挑戦してみたいことはありますか?

天﨑 『ヒプノシスマイク』はCDだけでなく、生で見てすごく楽しめるコンテンツだと思うので、ライブでお客さんをブチ上げられるように自分のスキルを磨いていきたいです。あとは朗読パートで、まだ絡んだことのないキャラクターとの掛け合いが出来たら面白いなぁと思います!


(注1)サンプリング……既存の音楽の一部を引用して再構築する音楽製法のこと。
(注2)フロウ……ヒップホップにおいて、歌い方や歌い回しのこと。



天﨑滉平

まとめ

以上、『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』天﨑滉平さんのインタビューをお届けしました! 三郎というキャラクターが出来上がっていく過程や、初めてのラップに挑戦されたお気持ちなど、天﨑さんの作品に対する想いを伺うことができました。

4つのディビジョンのCDが出揃い、ますます盛り上がる『ヒプノシスマイク』。これからどのような展開を見せてくれるのか楽しみですね! numan編集部では引き続き『ヒプノシスマイク』に注目していき、たくさん情報をお伝えしますのでお楽しみに!



19 件

Comment

2018-05-12JongHwa Jang

面白そうです。Conceptが奇抜ですね。期待期待。😆😆

この記事のタグ