第1回「HIStoryの成功が台湾BLを変えた?」ドラマPDに聞く台湾BLドラマ制作の裏側~アニタ・ソンさんインタビュー

掲載/更新 0
第1回「HIStoryの成功が台湾BLを変えた?」ドラマPDに聞く台湾BLドラマ制作の裏側~アニタ・ソンさんインタビュー
日本、タイ、韓国など、今、大注目のアジアBLドラマ。同じく注目を集める台湾BLドラマ「Be Loved in House 約・定~I Do」や「隔離が終わったら、会いませんか」「正負之間~Plus & Minus」などを手掛けたプロデューサー・アニタ・ソン(宋鎵琳)さんに、台湾BLドラマの変遷、ドラマ制作についてお話を伺いました。
タイBLドラマ『2gether』シリーズの世界的ヒットに端を発し、日本でもタイや台湾、韓国などなどアジア発のBLドラマが一大ブームを巻き起こしています。

日本でも『おっさんずラブ』『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』を始めとするBLドラマの大ヒットに始まり、『美しい彼』『みなと商事コインランドリー』などBLコミック原作ドラマが続々と制作されています。

まさに空前のBLドラマブームともいえる現在、中でもいち早く世界に向けてBLドラマを売り出していったのは実は台湾。

台湾BLドラマの金字塔ともいわれる『HIStory』シリーズや、日本でも人気の高い『We Best Love』シリーズの買付を担当し、
『Be Loved in House 約・定~I do』、
『隔離が終わったら、会いませんか?』、
『正負之間~Plus & Minus』と

3作品のBLドラマでプロデューサーを務めたアニタ・ソン(宋鎵琳)さんに、台湾BLドラマの変遷、ドラマ制作についてお話を伺いました。
日本語で制作側の思いが聞ける機会は超貴重! 各作品の制作秘話も……。

アニタ・ソン(宋鎵琳)さんインタビュー

▲『正負之間~Plus & Minus』メインキャストの皆さんとアニタさん(写真中)。左からマット・リー(李見騰)、ハオ・シー(石承鎬)、マックス・リン(林上豪)、キレイ・チェン(鄭齊磊)

Anita Sung on Instagram

■アニタ・ソン(宋鎵琳)さん プロフィール

学生時代、リー・グオショウ(李國修)氏に師事し演出を専攻。その後日本に二度の留学を経験。
日本で就職し、『HIStory』シリーズや、日本でも人気の高い『We Best Love』シリーズの買付を担当。
『イタズラなKiss~Miss In Kiss』、『Life 線上の僕ら』など多くのドラマ制作にも携わる。
現・株式会社ビデオマーケットチーフプロデューサー。

初めてBLドラマに触れたのは『HIStory』だった

──初めてBLドラマを手掛けたのはどの作品だったんですか?

アニタ・ソン(以下、同) 2017年の『HIStory』シリーズ(※)の第一弾ですね。

※『HIStory』シリーズ……2022年現在、4シリーズ・8エピソードが公開されている台湾BLドラマシリーズ。
2017年公開の第1弾は「マイ・ヒーロー」「離れて、離さないで」「ボクの悪魔」の短編3話で構成。アーロン・ライ(賴東賢)はこの「マイ・ヒーロー」で主演し、「BLの天才」とも呼ばれている。
【DVD予告編】HIStoryシリーズ 『マイ・ヒーロー』『離れて、離さないで』『ボクの悪魔』
台湾でもヒットしましたが、日本語字幕の付いたYouTube動画の再生数がすごくて、これは日本でもニーズがあるんじゃないかということで、買付けしたんですよね。(日本では同年に劇場公開された)

私、BL全然知らなかったんですよ。腐女子でもないし、マンガも読んだことがない(笑)。
『HIStory』を劇場公開したときに客層を見て「女性のファンが多いんだな」と思ったぐらいで。

ただ、周りにBL好きな人が居て、BL作品を日本で配信したいって盛り上がっていたんです。
私の友人も、もともと日本のアイドルが好きだってことは知っていたんですが、家に行ったら本棚にはBLコミックがぎっしり(笑)。

私にBLの世界を教えてくれたのは、そういった周囲の人やファンの方たちです。
その後『HIStory2』(※2)を手掛けて、2018年にイベントを開催したんです。
(2018年DATV主催のHIStory2展。衣装展示やパネルの展示などが行われた)

※2 HIStory2……『是非~ボクと教授』『越界~君にアタック』の2作品で構成される。2018年公開。
そこでファンの方と直接触れ合うことで、もう情熱というか熱量の高さを実感しました。
だって皆衣装の縫い目まで細かく見てるんですよ(笑)。

──確かにファンとしては見ちゃいますね! もう隅から隅まで見たいですもん。

参加者の皆さんが「配信してくれてありがとう」って口々に声をかけてくださって。
熱量の高さもそうですが、こちらもすごくいいことをした気持ちになりましたね。

──確かに『HIStory』シリーズといえば、第4弾まで制作されるほどの人気シリーズです。日本で配信してくださってありがとうございます(笑)。では、現在のようにプロデューサーになったきっかけは?

もともと学生時代は演出を専攻していて、恩師の奥様(王 月さん)の関連で『流星花園』(※3)の現場にも参加させていただいたりして。

※3 神尾葉子氏のマンガ『花より男子』を原作とした台湾ドラマ。王 月氏は本作品で、主役・牧野つくしの母を演じていた。

2度めに日本に来日した時も、映像プロデュースを学んだんです。日本の映画も大好きなので、いつかは自分もやってみたいとずっと思っていました。
他にも『イタズラなKiss~Miss in Kiss』『Life 線上の僕ら』(※4)の制作にも一部関わりました。

※4 『イタズラなKiss~Miss in Kiss』……多田かおる氏の『イタズラなKiss』が原作の台湾ドラマ。
『Life 線上の僕ら』……常倉三矢氏の同名作品が原作のBLドラマ。『HIStory3 那一天 ~あの日』主演CPの特別出演も。

コロナがなかったら、プロデューサーにはなっていなかった

35 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません