「玉城裕規&高崎翔太の”変化する表情”を見てほしい」|映画『トリノコシティ』山口ヒロキ監督インタビュー

「玉城裕規&高崎翔太の”変化する表情”を見てほしい」|映画『トリノコシティ』山口ヒロキ監督インタビュー

40mPさんによる人気ボカロ曲を実写化! 山崎丹奈さん主演、玉城裕規さん・高崎翔太さんが出演する映画『トリノコシティ』のDVDが、2018年11月7日(水)に発売決定。そこで玉城裕規さんに続き、『メサイア』シリーズも手がけている山口ヒロキ監督の特別インタビューをお送りします! 

映画『トリノコシティ』とは?

自分だけどこか取り残された―  

高校3年生の佐伯明日夏(山崎丹奈)は将来への不安や漠然とした孤独感を抱えながらも、周囲に合わせて偽りの自分を演じながら高校生活を過ごしていた。呼吸が止まりそうな閉塞感。

その陰鬱とした感情を誰にも見られる事のない閉ざされたTwitterに投稿することで心の均衡を保つ日々。

そんなある日、明日夏はバスの中で老人に手渡された奇妙な機械をきっかけに、”トリノコシティ”という願いが叶うサイトに迷い込み、弔屋(玉城裕規)と名乗る人物に出会う。

「自分の居場所が欲しい」という明日夏の願いは青年・充(高崎翔太)ら様々な巡り会いを引き寄せ、やがて明日夏は隠された真実に近づいていく。  

「玉城くんの成長に鳥肌が立った」/山口ヒロキ監督インタビュー

――ボーカロイド楽曲から誕生した映画『トリノコシティ』では、主人公“明日夏”は原曲MVのイラストからイメージされたキャラクターですが、玉城裕規さん演じる“弔屋”と、高崎翔太さん演じる“充”はどのように作られたんですか?  

山口ヒロキ監督(以下、山口) まずは原曲のイメージから、企画の岩田雄介さんが10何パターンものプロットを出してくれたんです。そこから3~4ヶ月をかけて、上がってきたものをまた戻してというやり取りを続けるうちに、弔屋と充という役が出来上がっていきました。それまではジャンルも全然違う、例えばアクション系で、弔屋と明日夏が魔法を使って戦うだとかの色んなストーリーがあったんです(笑)。  

――そこから、今作のストーリーへと転換していったんですね。  

山口 岩田さんと「そうじゃなくて、もっとこっちですね」というやり取りがあった中で、思春期の女子高生の悩みと成長を描きながら、僕としてはSFとかの要素も入れたいと。そのやり取りから、現実世界と弔屋がいる空間を主人公が行ったり来たりする、そのために謎の装置を使うというアイディアが出てきました。  
【初音ミク(40㍍)】 トリノコシティ Torinoko City【オリジナル】

映画の原曲となった40mPによる『トリノコシティ』

――明日夏を中心にしたポスター写真でも、見た目からどこか人外っぽさのある玉城さん扮する弔屋と、劇中でも明るい青年として明日夏の前に現れる高崎さん扮する充は、ビジュアルからもすごく対照的です。このキャラクターに、お2人をキャスティングした狙いはありますか?  

山口  実は、2人の配役を逆にしたらどうだろう、という案もあったんです。でも、玉城くんの方が、人ではないキャラクターを僕が想像しやすかったというのもあって。それに高崎くんも、見た目はチャラそうで、でも中身は好青年かつ色んな事情があって……というキャラクターでも、いわゆる普通の青年に見せることができるなと思ってこの配役にしました。  

――配役が逆のパターンも、ファンの方はぜひ観てみたい作品だと思います!  


山口  それはそれで面白いものになったと思います。ただ、ストーリーがだいぶ変わっていたかもしれないですね(笑)。  

弔屋役・玉城裕規さん

――玉城さん、高崎さんはこれまでも山口監督の作品に出演されていますが、今作での撮影の中で、改めてお二人の俳優としての成長や、変化を感じたことはありますか?  

山口  確かに、玉城くんはもう5~6年前に『メサイア』(2013年公開・映画『メサイア-漆黒ノ章-』)で出会って、その時の役柄はまだ敵側の1人で、一撃で殴り飛ばされて気を失っちゃうような役でした。

僕の中でも強く意識していたキャラクターではなかったんですが、『メサイア』シリーズの中で、その後は主役にまでなるようなキャラクターに成長しました(2017年公開・映画『メサイア外伝 -極夜 Polar night-』)。

今作で言うと、編集していて気付いたのは弔屋のセリフじゃないシーンでの表情。撮影しているときのニターでは気付かなかったような、小さな表情の変化がすごくうまい。その成長を感じた時は、ちょっと鳥肌が立つくらいでした。  

――では一方、充役の高崎さんの姿に感じられたことは?  

山口  今作の高崎くんですごく良かったと思うところは、充が最後に明日夏へと語りかけるシーン。これも表情の変化なんですが、一気に真剣な表情に変わっていく充の姿に、明日夏も影響されて、観客もグッと引き込まれていく。あのシーンは、この役は高崎くんに演じてもらって良かったと思う場面です。  

充役・高崎翔太さん

『メサイア』ファンには嬉しい”隠れ設定”も満載!

19 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!