「◯◯しか勝たん」「ぴえんこえてぱおん」JC・JKが選ぶ『2020年流行語大賞』発表!「鬼滅」「あつ森」etc.

掲載/更新 0
「◯◯しか勝たん」「ぴえんこえてぱおん」JC・JKが選ぶ『2020年流行語大賞』発表!「鬼滅」「あつ森」etc.
椎木里佳さんが運営する株式会社AMFより、2020年1月~6月までのトレンドをまとめた「2020年上半期の流行語大賞」が​発表になりました!
IMAGE

​JC・JK流行語大賞2020 上半期の注目は?

女子中高生向けのマーケティング支援などを手がける株式会社AMFは、 トレンドのリサーチが得意な”JCJK調査隊”のメンバーのアンケートをもとに選考会を開催し、 2020年1月~6月までのトレンドをまとめた「2020年上半期の流行語大賞」を発表! 「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」の4部門が公開されました。

【JC・JK流行語大賞2020上半期】
ウィズコロナ禍で”JCJK調査隊”が選ぶ、 上半期の注目は「デビュー曲からメガトン級ヒット」「ブレイクには"第二波"が不可欠」etc

コトバ部門

1位に選ばれた「◯◯しか勝たん」は、 昨年の2020年JC・JKトレンド予測でAMFが流行を予測し、 見事的中。
◯◯に推しの好きなアイドルやモノを入れ、 勝るものはないと褒め称える際に使用されます。

「◯◯は正義」の表現の2020年版とされ、 指ハートのポーズと共に撮影、 多くの女子中高生のSNSに投稿されました。
2位の「おうちカフェ」は、 緊急事態宣言下でカフェに行くことができない中、 本流行語大賞のモノ部門3位にランクインした「ダルゴナコーヒー」を中心に、 手作りのスイーツやドリンクで工夫し、 自宅でカフェ気分を楽しみました。 #おうちカフェはInstagramで453万投稿され、 社会現象となっています。

3位の「おしゃピク」は、 本流行語大賞の前身である「2017年JCJK流行るもの調査」で選出されましたが、 コロナ禍で公園でのピクニック需要が増え、 前回を上回る大きなブームを巻き起こしました。 Instagram発のブランドがおしゃピクに必要なシートやバスケットなどを発売しブームを加熱させています。

モノ部門

TWICEなどが所属する韓国大手事務所JYPとソニーミュージックによる共同プロジェクト「虹プロ」こと「Nizi Project」が1位を獲得。
番組内で切磋琢磨しながら成長するメンバーたちが徐々に注目を集め、 放送最終回ではデビューメンバーとして選出されなかった脱落メンバーの名前が、 SNSでトレンド入りするなど大きな話題となり、 女子中高生からの人気を獲得しました。

2位の「あつまれどうぶつの森」通称「あつ森」は、 Nintendo Switchのゲームソフトで発売開始時期が新型コロナウイルス流行時期と重なり、 おうち時間の最強アイテムとして新たに関心を集めました。 販売本数も1300万本を突破し、 SNS上ではあつ森専用アカウント「あつ森垢」を作成し、 ユーザー同士で交流し合う現象ができるなど社会現象となりました。
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません