【解禁】舞台『文豪ストレイドッグス 三社鼎立』メインビジュアル公開!追加公演も決定

掲載/更新 0
【解禁】舞台『文豪ストレイドッグス 三社鼎立』メインビジュアル公開!追加公演も決定
岩手・福岡・愛知・大阪・東京での公演が予定されている舞台『文豪ストレイドッグス 三社鼎立』のメインビジュアルが解禁されました!さらに、好評につき東京の追加公演が決定です。
IMAGE

文ステ、追加公演決定!ビジュアルも解禁

来る6月より上演予定の『文豪ストレイドッグス』舞台化第三弾、舞台『文豪ストレイドッグス 三社鼎立』。

好評につき、東京の追加公演が決定! 待望のメインビジュアルも解禁されました。
一般チケット発売は5月12日より開始となります!

『文豪ストレイドッグス』は、2013年よりヤングエースにて、朝霧カフカさん(原作)・春河35さん(漫画)によりコミックス連載が開始された作品で、架空の都市[ヨコハマ]を舞台に繰り広げる異能力アクションバトル漫画で、コミックスは現在16巻まで刊行、シリーズ累計で700万部を突破している大人気作品です。

2017年12月、TVアニメ第1シーズンをもとに上演された舞台『文豪ストレイドッグス』は、初の舞台化にもかかわらず全席完売の大ヒットを記録しました。そして翌18年9月には舞台『文豪ストレイドッグス 黒の時代』を上演。小説版として刊行され熱狂的な人気を誇り、TVアニメ第2期でも描かれたスピンオフエピソード『黒の時代』篇を、大人の魅力漂う奥深い演技や、第一弾に続き、各シーンにちりばめられた演劇的な演出で好評を博しました。

そして今夏、待望の舞台化第三弾となります舞台『文豪ストレイドッグス 三社鼎立』
描かれるのは、異能力を持つ探偵集団「武装探偵社」とヨコハマの裏社会に巣食う「ポートマフィア」、そして新たに襲来した北米の異能者集団「組合(ギルド)」、この三組織の生き残りを掛けた巨大異能戦争です。

第一弾から続投する演出・中屋敷法仁さん、作・御笠ノ忠次さんのタッグは、役者の身体表現やアンサンブルのダンス、研ぎ澄まされた映像の投影など様々な演出によって原作世界を立体的に描き出し、演劇ならではの『文豪ストレイドッグス』を描きます。
出演には、「武装探偵社」の中島敦役の鳥越裕貴さん、太宰治役の多和田任益さん、「ポートマフィア」の芥川龍之介役の橋本祥平さん、中原中也役の植田圭輔さんをはじめとする気鋭の若手実力派が集結、また今作で新たに登場する「組合(ギルド)」の団長、フランシス・F役に扮するのは君沢ユウキさん
さらには和泉宗兵さん窪寺昭さんら実力派俳優が揃います。

[ヨコハマ]を舞台に繰り広げられる、三つ巴の熾烈な異能力アクションバトル。演劇ならではの『文豪ストレイドッグス』の世界に、どうぞご期待ください!

追加公演

東京:7月5日(金)14:00公演
※チケット発売日:5月12日(日)10:00~開始

物語

軍や警察の管轄を越えた荒事を担う「武装探偵社」。
港湾を根城とし、裏社会を取り仕切る「ポートマフィア」。
常人ならざる〝異能の力〟を持つ者たちが日夜駆く街・ヨコハマ。

そこへ、大国より襲来したる黒船――「組合(ギルド)」。

政財界や軍閥の要職にありながら密謀を働き、都市伝説ともいわれた北米の異能者集団である。

不遜強欲なる団長の名は、フランシス・F。
白虎と化す少年・中島敦に莫大な懸賞金を掛けた誘拐事件の黒幕でもあった。

政府が秘密裏に発行する「異能開業許可証」の買収を目論む彼らだが、その実、真に求めるものとは……?

三組織の生き残りを掛けた巨大異能戦争が勃発する!

公演概要

16 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません