用語集

マシュマロ(ましゅまろ)

掲載/更新 0
マシュマロ(ましゅまろ)
用語集テストバナー

意味

「マシュマロ」(ましゅまろ)とは、Twitterで使用できる匿名性のメッセージサービスの名称。
また同サービスを使用して投稿されたメッセージそのもののこと。

略して「マロ」とのみ呼ばれることも。

「マシュマロを投げ合うような安全さ」がコンセプト

ユーザーはサービスを通して質問やメッセージなどの投稿を募り、任意の投稿をピックアップして、Twitter上で回答することができる。投稿内容はAIが精査しており、ネガティブな内容と判断された場合は設定次第でユーザーに届かず削除されたり、一部を伏せた状態で届けられたりする。

運営側は「世界はもっと、マシュマロを投げ合うような安全さで満たされるべき」というコンセプトを掲げており、それがサービス名に繋がっている。

マシュマロの種類とは?

投稿された質問(=マシュマロ)には、様々な種類がある。

誹謗中傷をはじめとした、悪意がある内容のマシュマロのことを「焼きマシュマロ(焼きマロ)」「毒入りマシュマロ(毒マロ)」「クソマシュマロ(クソマロ)」などと呼ぶ。

また、有料機能「チョコ入りマシュマロ(チョコマロ)」というものも。
投げ銭」に近いシステムで、有料でメッセージを送ると受け取った側はその一部を現金で受け取ることが可能。

ライバー界隈の「マシュマロの王」!

マシュマロはTwitterが使える環境であればどんな人でも利用可能だが、ライバー界隈は多くのマシュマロで質問を集め、「マシュマロ返し」と称した質問回答をおこなうことで有名。

寄せられたマシュマロの数が60万個を突破を突破し、マシュマロ公式からも「マシュマロの王」と認められているライバーもいる。
9 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません