用語集

クリぼっち(くりぼっち)

クリぼっち(くりぼっち)

意味

クリスマスを一人で過ごすことを表す言葉で、クリスマスの“クリ”に、ひとりぼっちの“ぼっち”が語源。
2012年12月頃から若者を中心に浸透し始めた。

クリスマスは家族や親戚と過ごすのが一般的なアメリカと違い、日本ではクリスマスイブやクリスマスは恋人と過ごすものという考えが定着している。
そのため、恋人がいない=寂しいクリスマスというイメージが強く、家族とクリスマスを過ごし実際にはひとりぼっちじゃなくても、クリぼっちと言われる場合がある。

また、友達同士でクリスマスパーティーを行う人も多いと思うが、クリぼっちの場合はそうした友達もいないという状況も含まれるので、本当に寂しい。

例)
「クリスマスまでに絶対彼氏作るって決めてたのに、誰にも出会えなかった。クリぼっち辛い……ガチしょんぼり沈殿丸(;_;)/」

2 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ

関連用語