用語集

沼落ち(ぬまおち)

沼落ち(ぬまおち)

意味

好きになったら抜け出せない、沼のようにどんどん深みにハマっていく様。本サイト、numanの語源。
「○○沼に落ちた」などと言うが、○○に入るのはアニメやマンガ、キャラクター、カップリング、俳優、アイドルなど多種多様である。

例えば、友達に勧められて借りたマンガ。
ストーリーの面白さはさることながら、自分の性癖直撃のキャラクターやカップリングまであり、
原作だけでなく二次創作にも手を出すようになってしまう。

貸してもらった単行本の続きが読みたくて、連載している本誌にまで手を出し、今後発売予定のあるグッズも買い逃さないようにわざわざ店頭へ予約しに行き…………などなど、勧められて少し読んでみようと思っていただけなのにいつのまにか後戻りできないくらいハマってしまっている。
そんな状況を「やばい、わたし○○沼に落ちた」などと言う。

「あのアニメ面白そうだな。今度見てみよう」と、せいぜい水たまりに足を突っ込むくらいの軽い気持ちでいたのに思いのほか深く、足をとられて抜け出せない沼だった……ということもある。
中には、お隣の沼(別ジャンル)を端から見ていて、「あの沼はやばそうだから、勧められても絶対に手を出さない」と強い意志を持っている人もいるが、すでに手に負えないくらいハマっている沼があるからこその判断でもある。
底なし沼に両足をとられているところから、片足を抜いて隣の沼に踏み入れるのは本来容易ではない。

しかし、使いやすさから、「ちょっと興味本位でおそチョロ読んでみたら軽率にハマった~。マジ沼なんだけど~」など、沼感なく簡単に発せられる言葉でもある。

2 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ

関連用語