広告をスキップ

光の腐女子(ひかりのふじょし)

「光の腐女子」の意味

「光の腐女子」(ひかりのふじょし)とは、BL作品を好む人々の通称「腐女子」を4つに分類した場合の1つである。
他に「闇の腐女子」「黄昏の腐女子」「夜明けの腐女子」が存在している。

「光の腐女子」は一般的にハッピーエンドで終わる作品で、出会いから(作品の)エンディングに至るまで全てが相思相愛、愛いっぱいの作品を好むとされている。また、ジャンルでいうとウエディング、子育て、ラブコメ系が該当するのではないかという見立てがある。

「光の腐女子」の由来・語源

以前からSNS上や投稿サイトなどで、明るい話を好む腐女子を「光の腐女子」暗い話を好む腐女子を「闇の腐女子」とするムーブメントはあった。

そんな中、BLコミック・小説レビューサイトの「ちるちる」が2018年に掲載した「BLオタク属性チャート診断」がTwitterで瞬く間に話題となり、腐女子を分類分けすることが定番化していった。
同サイトではそれぞれの属性に合わせたおすすめ作品も紹介しており、「光の腐女子」のおすすめ作品は、コミュ障だけどイケメンの鯛代、面倒見のいい後輩・蛯原の学園生活を描いた「鯛代くん、君ってやつは。」や、大学デビューをもくろむ夏川涼太とキラキラ系になった幼馴染の田中一仁がひょんなことからひとつ屋根の下で暮らすことになる「君がいる毎日と、明るい生活」などがあげられている。
特に後者の作品は表紙からして「光」感にあふれており、闇の腐女子を自称する筆者は目が焼かれそうである。

「光の腐女子」の活用例

・「光の腐女子なので、必ず両想いじゃないと死ぬ」
・「原作がどんなに容赦ない描写をしてきても、光の腐女子なのでなんとかして明るいところを見つけていきたい」
・「推しカプはすべからく結婚してほしい光の腐女子です」

なお、光の腐女子と闇の腐女子が会話すると大事故が発生する可能性が高い。

光「攻めが死んだ……」
闇「マジか」
光「攻めが犠牲になることによって、世界が平和になって、受けはその思いを受け取っていくっていう」
闇「ハピエン(ハッピーエンド)じゃん」
光「は?????」

作品自体が「ハッピーエンド」となってもいわゆる「メリーバッドエンド」など、完全なる「幸せ」ではない可能性があるので、光の腐女子の皆さんはよく注意してほしい。

こういうケースもある。

光「受けがモブにさらわれたので気が気じゃない」
闇「受けがモブにさらわれた。攻めがかち込みにいくか、病むかでワクワクしている」

光「受けが病気になってしまってしんどい」
闇「受けが病気になってしまったので、取り乱す攻めが見られると思うと楽しみ」

光と闇というだけあって見事に相反する発想である。

IMAGE

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

電ファミ新着記事

オタ腐★幾星霜