広告をスキップ

黄昏の腐女子(たそがれのふじょし)

「黄昏の腐女子」の意味

「黄昏の腐女子」(たそがれのふじょし)とは、BL作品を好む人々の通称「腐女子」を4つに分類した場合の1つの分類である。他に「光の腐女子」「闇の腐女子」「夜明けの腐女子」が存在している。

「黄昏の腐女子」は一般的に、2人が幸せならそれでOKという人が多い。
そのためハッピーエンドもバッドエンドも、どちらもおいしくいただける。さらに、客観的には不幸だが2人にとっては幸せな「メリーバッドエンド」でもOKという人もおり、ある意味一番強い腐女子かもしれない。

「黄昏の腐女子」の由来・語源

以前からSNS上や投稿サイトなどで、明るい話を好む腐女子を「光の腐女子」暗い話を好む腐女子を「闇の腐女子」とするムーブメントはあった。

そんな中、BLコミック、小説レビューサイトの「ちるちる」が2018年に掲載した「BLオタク属性チャート診断」がTwitterで瞬く間に話題となり、新たに「黄昏の腐女子」という概念が誕生した。「光」も「闇」も2人が幸せならどっちもおいしくいただけるんだよなぁという人には「黄昏の腐女子」という表現が的確だろう。

同サイトではそれぞれの属性に合わせたおすすめ作品も紹介しており、「黄昏の腐女子」のおすすめ作品は、毒親に自由を奪われている少年アランが放浪癖のある旅人のヘイデンと出会い、「2人だけの家」を目指すためヘイデンとともに「逃亡生活」を送る『遥か遠き家』、「D」という名前で闇社会を生きる翼が、財布を拾ったことがきっかけでお人よしの五百利と出会う。翼の内面の優しさに惹かれた五百利と同棲を始めるが、クリスマスを期に事態が思わぬ方向へ転換していく『Lover Santa Claus』などがあげられている。

「黄昏の腐女子」の活用例

・「黄昏の腐女子に甘々な話は書けん!すまんな!(開き直り)」
・「黄昏の腐女子なんだけど、心中は本当に愛だと思うんだよね」
・「(黄昏の腐女子なので)こういう話が好きなんだ。申し訳ねぇ」
・「どうしたら推しが曇るかを考えてしまう黄昏の腐女子ですこんにちは」
→曇るとは、「顔を曇らせる」と同様の意味で、推しの曇った顔が見たい!というような使い方をされる。

光の腐女子と比べると、黄昏の腐女子と闇の腐女子の方が比較的近い好みのことが多く、「黄昏の腐女子だと思っていたら、闇っぽい」「闇だと思ってたけど、黄昏の腐女子か……?」と戸惑うこともある。
人によっては「闇ほどの救いのなさは求めていない」という場合もあり、微妙な違いがあるのも「黄昏の腐女子」特有だろう。

IMAGE

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

電ファミ新着記事

オタ腐★幾星霜