用語集

本垢/裏垢(ほんあか/うらあか)

掲載/更新 0
本垢/裏垢(ほんあか/うらあか)
用語集テストバナー

意味

本垢は「本アカウント」の略語で、裏垢は「裏アカウント」の略語。
「アカウント」を「アカ」と略しパソコンなどで変換すると「垢」と表示されることから、ネット上でその表記が広まったと思われる。

本垢と裏垢は逆の意味を持つ

SNSを例にすると、本垢は特に隠すことなく表立って使用しているアカウントのこと。
対して裏垢は「本垢では言いづらいことを発信したい」などの理由で、一部のメンバーには隠して作られたアカウントを意味する(「サブ垢」とも呼ばれる)。

裏垢でも“非公開設定”をしていないと人に見つかる可能性があり、たまに芸能人の裏垢が一般人に発見され「イメージと違う!」と炎上する事件も。

複数のアカウントは危険?

特に裏垢のつもりはなくても、声優について語る「声優垢」、2.5次元について語る「2.5次元垢」など複数のアカウント(「複垢」と呼ばれる)を作る人は多い。

しかし、例えば同じアイドルグループの複数のメンバーを応援するアカウントを作った場合、「○○くん一筋じゃなかったの!?」と仲間と揉めることもあるという。
また、SNS以外にオンラインゲームなどで複数のアカウントを作ってゲームを有利に進める人もいるが、公式では禁止されていることが多く、結果的に「BANされて全てを失った」ということになりかねない。

「垢」の使い方においては、くれぐれもモラルを意識しよう。
7 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません