用語集

世紀末(せいきまつ)

意味

一つの世紀の終わりを指す。ちなみに世紀とは百年を単位とする年代区分のこと。

“世紀の最後の年”は西暦で下二桁が“00”となる年で、1900年や2000年などがそれにあたり、2017年現在だと、次に世紀末と言われる年は“2100年”となる。反対に、一つの世紀の始まりを“新世紀”と呼ぶ。

日本では度々“世紀末=世の終わり”と混同される。また、SF作品や一部のアニメ・マンガなどのフィクション作品でも同様である。199x年の核戦争によって文明が途絶え荒廃した世界が舞台となっているマンガ『北斗の拳』がヒットし、アニメ版のタイトルも『世紀末救世主伝説 北斗の拳』とされたことから、退廃的あるいは暴力的な近未来のイメージが強く、救いがたい状況や人々が阿鼻叫喚するような様などを表す言葉にもなった。

作品の時代設定が世紀末でない場合も、人類が絶滅している世界や、無人化して荒廃した街など、サイバーパンク系のイメージを“世紀末的世界”として説明されることがある。映画『マッドマックス』、『ターミネーター』シリーズや、アニメ『風の谷のナウシカ』、『AKIRA』などが“世紀末的世界観”をモチーフとしたフィクション作品として有名だ。

2 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!