用語集

筐体(きょうたい)

掲載/更新 0
筐体(きょうたい)
用語集テストバナー

意味

「筐体」(きょうたい)とは、機械や装置を収めた、箱型の容器のこと。
コンピューター本体の部品を収納したボックス型の部分などを指す。

オタク用語としては、主にアーケードゲーム筐体のこと。

日常であまり聞かない「筐体」の使い方は?

使用例:
「新しい筐体のデザイン格好いい!」
「近所のゲームセンターには、目当ての筐体がない」
「筐体が減ったら、プレーヤーも減ってしまう」

筐体にも種類がある!

主な筐体のタイプは、以下の通り。

・アップライト筐体
タンスや冷蔵庫のような直方体。
後にミニタイプも登場し、駄菓子屋やデパートのゲームコーナーなどで広まった。

・テーブル筐体
1980年代前半まで主流だった、テーブル型の筐体。座ってプレイする。
喫茶店向けに開発され、『スペースインベーダー』などで普及した。

・ミディタイプ筐体
1985年ごろから普及し始めた。アップライトより背が低く、座ってプレイする。
近年のゲームセンターなどはほとんどこのタイプのため、「汎用筐体」とも呼ばれる。

・専用筐体
大型で、そのゲーム専用に開発された筐体。
互換性はないが、それぞれのゲームに特化したプレイ感が味わえる。ドライブレース系をはじめ、『太鼓の達人』などのリズムゲームでも人気を博す。
6 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません