用語集

なろう系(なろうけい)

掲載/更新 0
なろう系(なろうけい)
用語集テストバナー

意味

「なろう系」(なろうけい)とは、小説や漫画、アニメなどの物語の類型のひとつ。
「なろう系」以外にも、「なろう小説」「異世界転生系」とも。

小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿された作品の分類が由来だが、同サイト掲載の有無を問わず、サイト内で流行しているジャンルのライトノベルを、総じて「なろう系」と表現する場合も。

「なろう小説」のストーリーは?

ストーリーとしては、主人公が序盤で、何らかの理由により異世界へ転生・転移し、突如ヒーロー扱いされる。
転生の場合は、前世の記憶を持っている場合が多く、その知識で異世界では特異な存在になることも。

勇者や魔王がおり、魔法などが登場するファンタジー世界が描かれることが多い。

広がる「なろう系」作品の世界

同サイトをきっかけに商業進出した作家を「なろう系作家」と呼ぶ。

2018年頃からは、「なろう系」によく見られるファンタジー世界は「ナーロッパ(小説家になろう+ヨーロッパ)」と言われているほか、2008年頃から「異世界転移もの」「最強もの」が増加し、近年では「悪役令嬢もの」などの派生ジャンルを含め、「なろう系」と呼ばれている。
7 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません