用語集

ギルトフリー(ぎるとふりー)

掲載/更新 0
ギルトフリー(ぎるとふりー)
用語集テストバナー

意味

「ギルトフリー」(ぎるとふりー)とは、「罪悪感のない」というの意味で食品に用いられる。
「ギルト(guilt)=罪悪感」と「フリー(free)=ない」から成った造語。

どんな食品が流行っている?

近年のダイエット志向、健康志向から「糖質を控えたい」「低カロリーがいい」「健康になりたい」という層のニーズに応え、下記のような食品が開発され、流行している。

・グルテンフリー
・ノンシュガー
・乳製品フリー
・人工着色料、香料、保存料などの食品添加物や化学調味料不使用
・マーガリンなどのトランス脂肪酸を含む食材不使用

「ロカボスイーツ」との違いは?

とくに、糖質やカロリーが気になる「スイーツ」において、「ギルトフリースイーツ」が人気を呼んでおり、下記のようなラインナップが食されている。

・糖質制限スイーツ
・グルテンフリースイーツ
・スーパーフードスイーツ
・乳製品フリースイーツ
コンビニやスーパーなどでよく見かける「ロカボスイーツ」もギルトフリーの仲間。
こちらは、食・楽・健康協会が掲げている、世の中の人々に「おいしく、楽しく食べて、健康に」なってほしいという理念のもと、「おいしく楽しく適正糖質=ロカボ」を普及させるために作られた言葉。

どちらの言葉を使っても、糖質を控えて健康になるという思いは同じ。
7 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません