心臓に悪い!?アニメ『呪術廻戦』第12話、不意打ちの五条悟に騒然「上目使いが幸せ」虎杖と順平もしんどい…

心臓に悪い!?アニメ『呪術廻戦』第12話、不意打ちの五条悟に騒然「上目使いが幸せ」虎杖と順平もしんどい…
「週刊少年ジャンプ」連載中の『呪術廻戦』。アニメ第12話「いつかの君へ」。虎杖と順平の戦いのほか、不意打ちの五条悟に沸いた今回。ほか感想や見どころをご紹介!
「週刊少年ジャンプ」連載中の『呪術廻戦』。アニメ第12話「いつかの君へ」では復讐に走り出す吉野順平と、彼を止めようとする虎杖悠仁の戦いが始まります。そして、ふたりの間にわってはいる真人の凶行とは……。

それでは、アニメ『呪術廻戦』12月18日(金)放送の第12話「いつかの君へ」を視聴者の感想や見どころポイントとともに振り返ります!

バトルシーンの合間に五条悟!?

前回、母親を呪霊に呪い殺されてしまった順平。「母親を死に追いやったのは同級生かもしれない」ことを匂わせる真人にまるめこまれ、学校を襲う順平ですが、彼の暴走を虎杖が制止します。
学園内で戦いを繰り広げる虎杖と順平。クラゲの式神を操って毒で攻撃する順平ですが、猛毒・呪いの王である宿儺の器である虎杖はあらゆる毒に耐性を持っていました。

攻めあぐねる順平に対し、「式神使いは術師本人を叩け」という五条悟の言葉を思い出しながら近接戦闘を仕掛ける虎杖。手に汗握るバトルシーンですが、SNSでは1カット差し込まれた五条に反応してしまう人が多数。
29 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは