『半妖の夜叉姫』第4話 りん封印の謎、殺生丸のロマンチックな考察が話題。麒麟丸はあの人が怪しい?

掲載/更新 0
『半妖の夜叉姫』第4話 りん封印の謎、殺生丸のロマンチックな考察が話題。麒麟丸はあの人が怪しい?
『半妖の夜叉姫』第4話を振り返り! 時代樹の話により明らかとなった“麒麟丸”という妖怪の存在。この麒麟丸について、ある考察が話題となっています。そして、りんが封印されている理由とは……?
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。10月24日に放送された第4話「過去への扉」では、とわせつなもろは日暮家に別れを告げ、現代から戦国時代へと旅立ちました。その道中、桔梗の姿を借りた時代樹から、麒麟丸殺生丸、2匹の妖怪を倒してほしいと頼まれるのでした。

重要なキャラクターとして夜叉姫たちの前に立ちはだかるであろう麒麟丸の正体について、ある説が浮上しています。また、殺生丸についてのあるロマンチックな説も……!

麒麟丸はすでに登場している!?怪しい人物とは

時代樹いわく「時空を歪め、この世を末法末世で飲み込み、全てを無に帰そうとしている」という麒麟丸。いにしえより、とわたちの祖父にあたる犬の大将とともに妖獣たちの頂点に立っていた王たる大妖怪だといいます。

とわたちは未だ見ぬ麒麟丸と殺生丸を同時に倒せと時代樹に頼まれましたが……この麒麟丸、実はもうすでにあるキャラクターとして登場しているのではないかとの説が浮上しているのです!
その人物とは……、現代でとわが通う聖ガブリエル学園のクラス担任・希林理

確かに名前を比べただけでも、“きりん”の響きが同じことには何か意味がありそう。時代樹による解説中にでてきた麒麟丸の姿と、希林先生の髪型のふんわり感に共通点を感じたという意見も見られました。

しかしもちろん、麒麟丸=希林先生と囁かれている理由は、名前や姿が似ているからというだけではありません。

“時空を歪める”と時代樹が語っていたことから、麒麟丸は時空を操ったり、時空を超えたりする力があると仮定できます。そのため、麒麟丸は姿を変えて現代に潜んでいるのではないかと噂されているのです。また、根の首が現代にいたことや、数百年生きるという妖怪の寿命から「現代に妖怪がいてもおかしくない」という声も。
また、希林先生の声優には細谷佳正さんが起用されていることから、「このキャスティングでちょい役のはずがない……! 絶対に希林先生はタダモノじゃない」と声優ファンならではな観点からの予想も盛り上がりました。

第2話で希林先生は「ローマではローマ人のように振る舞いなさい」というイギリスの諺を使ってとわの遅刻を咎めました。もしも麒麟丸が希林先生であるならば、彼はまさに自身が例に挙げた諺にならい、現代で現代の人間として振る舞っているのかも……!?

りんはなぜ封印されている?さまざまな考察が

第4話では殺生丸の登場とともに時代樹に封印されている人物がりんであると判明し、彼女がとわとせつなの母である確信も強まった喜びも束の間、ただならぬことが起きている予感にネットはザワザワ。

果たして、りんはなぜ時代樹の中で眠っているのか……飛び交うさまざまな考察から、多く支持を集めている三つの説をご紹介します。
20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません