『半妖の夜叉姫』第4話 りん封印の謎、殺生丸のロマンチックな考察が話題。麒麟丸はあの人が怪しい?

『半妖の夜叉姫』第4話 りん封印の謎、殺生丸のロマンチックな考察が話題。麒麟丸はあの人が怪しい?
『半妖の夜叉姫』第4話を振り返り! 時代樹の話により明らかとなった“麒麟丸”という妖怪の存在。この麒麟丸について、ある考察が話題となっています。そして、りんが封印されている理由とは……?
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。10月24日に放送された第4話「過去への扉」では、とわせつなもろは日暮家に別れを告げ、現代から戦国時代へと旅立ちました。その道中、桔梗の姿を借りた時代樹から、麒麟丸殺生丸、2匹の妖怪を倒してほしいと頼まれるのでした。

重要なキャラクターとして夜叉姫たちの前に立ちはだかるであろう麒麟丸の正体について、ある説が浮上しています。また、殺生丸についてのあるロマンチックな説も……!

麒麟丸はすでに登場している!?怪しい人物とは

時代樹いわく「時空を歪め、この世を末法末世で飲み込み、全てを無に帰そうとしている」という麒麟丸。いにしえより、とわたちの祖父にあたる犬の大将とともに妖獣たちの頂点に立っていた王たる大妖怪だといいます。

とわたちは未だ見ぬ麒麟丸と殺生丸を同時に倒せと時代樹に頼まれましたが……この麒麟丸、実はもうすでにあるキャラクターとして登場しているのではないかとの説が浮上しているのです!
20 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは