『ONE PIECE』1003話、ルフィとサンジの共闘が感慨深い…!ヤマトの美ボディには「無理がある」「ちちうえ…」

掲載/更新 0
『ONE PIECE』1003話、ルフィとサンジの共闘が感慨深い…!ヤマトの美ボディには「無理がある」「ちちうえ…」
アニメ『ONE PIECE』(ワンピース)第1003話を振り返り! ホールケーキアイランド編を経てより絆を深めたルフィとサンジのツーショットに注目が集まりました。また、マルコのかっこよさやヤマトの可愛さにも反響が。みんなの感想をご紹介します。
IMAGE
尾田栄一郎先生原作のTVアニメ『ONE PIECE』(ワンピース)。12月12日に放送された第1003話は「悲壮の刃!赤鞘VSカイドウ再び」。

赤鞘の侍達が、積年の想いを胸に再びカイドウに立ち向かいます。
そのほか、相変わらずなヤマトおでん愛やマルコのかっこよさ、ルフィサンジの共闘など見どころが盛りだくさんでした。中でもみんなが注目したシーンやセリフは?

DVD『ONE PIECE 20thシーズン ワノ国編』piece.6 画像

DVD『ONE PIECE 20thシーズン ワノ国編』piece.6 より

ルフィとサンジ。横並びが感慨深い…

各キャラクターの活躍に焦点が当たった第1003話。
麦わらの一味の中では、城の内部へと突入すべく一緒に走っていくルフィとサンジのコンビに注目が集まりました。

ワノ国に来る少し前には、仲間や恩人を危険に晒さないため、もう一味には戻らない覚悟をしたサンジと、絶対に欠かせない仲間である彼を諦めようとしないルフィとが大激突する前代未聞のシリアスなストーリーが描かれました。
過去のことや家族とのしがらみ、ビッグ・マムという強大な敵など一筋縄では解決しない事情が絡み合い、ファンにとっても重く辛かったサンジの離脱。
そんなホールケーキアイランド編を経て、今またルフィとサンジが横並びで走っている構図には感慨深い気持ちになった方が多かったようです。

SNSでは、「ルフィの側にサンジがいるのいいなあ」「WCI編を乗り越えてより一層絆が深まった感じするなあ」「ペドロが映った後のルフィとサンジで泣ける……」などの感想が綴られていました。

余裕のマルコに「かっこいい」の声が続出!

23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません