『テニスの王子様』はすべてが衝撃的だった。唯一無二の絶対王者【“少年ジャンプ”黄金期を振り返る】

『テニスの王子様』はすべてが衝撃的だった。唯一無二の絶対王者【“少年ジャンプ”黄金期を振り返る】
数々の名作が世代を超えて受け継がれ、2018年には創刊50周年を迎えた『週刊少年ジャンプ』。既に完結した名作の中から、今回は『テニスの王子様』(テニプリ)の思い出を当時からのファンに聞きました。
IMAGE
許斐剛先生が1998年に読み切り掲載、1999年~2008年まで週刊少年ジャンプで連載した『テニスの王子様』は、テニスの天才・越前リョーマが青春学園中等部に入学し、仲間とともに全国大会を目指すスポーツマンガ。2001年からTVアニメが放送されたほか、劇場版、ゲームなど多数のメディアで展開。ミュージカル『 テニスの王子様』(テニミュ)は2.5次元の先駆けとも言われました。

現在でも『新テニスの王子様』として連載され、いまだ強い人気を誇る本作。
今回は、そんな『テニスの王子様』の人気を、連載当時から知るファンの声とともに振り返ります。

DVD『テニスの王子様』Vol.1

DVD『テニスの王子様』Vol.1

跡部景吾の圧倒的キャラに衝撃!

『テニスの王子様』には、中学生とは思えない才能や個性を持った男子キャラが沢山登場。
特に主人公のリョーマをはじめ、女性ファンの人気は有名です。

「少年ジャンプで‟最初から天才”の主人公というのは、当時珍しかったように思います。表面がクールな一方、テニスに関しては負けず嫌いだったり、試合に遅刻して子どもみたいな言い訳を考えたり、ちゃんと少年マンガの主人公らしさもあるのが良い!」

「リョーマは『まだまだだね』とか生意気なことを言っても、決してナルシストじゃなくてあくまでナチュラル。あのバランスは誰も真似できない、唯一無二の主人公だと思います」

リョーマは記憶喪失になって「皆さん…」と敬語を使ったシーンも「萌える」と話題に。
また、ライバル校のキャラクターにも注目。
特に女性人気を獲得したのは、氷帝学園テニス部部長・跡部景吾(CV.諏訪部順一さん)でしょう。
15 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは