『ゴールデンカムイ』杉元と尾形が抱える深い“闇”。二人に影響するアシリパの存在とは…

掲載/更新 0
『ゴールデンカムイ』杉元と尾形が抱える深い“闇”。二人に影響するアシリパの存在とは…
2020年10月から放送されたアニメ第3期も話題を呼んだ『ゴールデンカムイ』。今回は特に人気のキャラクターである主人公の杉元佐一と、“孤高の山猫スナイパー”尾形百之助の“闇”に焦点をあてます。
週刊ヤングジャンプで連載中、2020年10月にはアニメ第3期が放送を開始したマンガ『ゴールデンカムイ』(著:野田サトル先生)。舞台は明治時代の北海道、元陸軍“不死身の杉元”とアイヌの少女・アシリパを中心に、金塊をめぐるバトルとアイヌの文化を描いた大人気作品です。

本作はバトルにグルメ、ギャグと多くの要素が楽しめる作品ですが、もう一つファンを惹きつけているのが、キャラクターたちが背負った“闇”。一人一人丁寧にその過去が描かれており、魅力をより深めています。
特に人気なのが、本誌人気投票1位を獲得した“不死身の杉元”こと主人公の杉元佐一(CV.小林親弘さん)と、2位の“孤高の山猫スナイパー”尾形百之助(CV.津田健次郎さん)。当初は敵陣にいた二人ですが、利害関係で共闘したり再び敵になったりという絶妙な関係で「この先、尾形と直接対決するのは杉元か?」 という点も注目されています。

そんな杉元と尾形は、お互い違う種類の“闇”を背負った元軍人。今回は、いずれぶつかるかもしれない二人の闇に焦点をあててみましょう。

※アシリパの正式名称は小さい「リ」

杉元の闇。戦争に行く前の自分には戻れない

21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません